記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

絶対に贈ってはいけない花は何?悪い意味を持つ花言葉を要チェック!

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月14日17:00~9月19日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月19日16:59まで)はこちら

 

 

あなたは、贈り物にしたい定番のものと言えば
どのようなものを思い浮かべるでしょうか?

筆者としては、彩りと見栄えの良さに特化した
カラフルなお花のプレゼントをイメージしします!

誕生日プレゼントやプロポーズに加え、開業祝いやお見舞いなど
お花の贈り物は、あらゆるシチュエーションで贈れる
華やかで美しいプレゼント」の定番であると言えますよね。

 

 

ただし、そんな華やかで美しいお花のプレゼントにおいて
気をつけなければいけないのが、ずばり、花言葉です!

見た目が可愛く、綺麗なお花であっても、花言葉を調べてみると
実はとんでもなく悪い意味だった、なんてことも珍しくありません。

お花を贈る相手が、花言葉に詳しかったり、貰ったお花の花言葉を
律儀に調べる人だった場合、贈ったお花の花言葉が、万が一
悪い意味に該当すると、残念な気持ちにさせてしまうリスクもありますよね。

 

 

お花を贈る相手に、不快な思いをさせない為にも
絶対に贈ってはいけない花言葉を押さえて、それらのお花を
事前にしっかりリサーチしておきたいもの!

こちらの記事を1つのヒントにしながら、ぜひあなたも
贈るべきでないお花をチェックしていきましょう。

 

 

贈るべきでないお花①・・・黄色の薔薇

絶対に贈ってはいけない花は何?悪い意味を持つ花言葉を要チェック!

 

 

初めにご紹介する、花言葉に注意したいお花は
華やかな存在感が先行しがちであると言える、「黄色の薔薇」です。

お花の贈り物の中でも、特に定番となっているお花と言えば
薔薇の花をイメージする方も少なくありませよね。

 

 

薔薇は、恋人の誕生日プレゼントやプロポーズに贈るのに
ピッタリなお花になっていますが、実は花色によって
花言葉の意味が大きく変わってしまうので注意が必要な種類です!

黄色の薔薇の花言葉には、「愛情の薄らぎ」や「嫉妬」
という意味合いが込められているため、まず恋人やパートナーには
絶対に贈りたくない花言葉ですよね。

 

 

また、仮に色彩のバランスから、黄色の薔薇を贈りたい場合であっても
それら単体では贈らないようにしたいところ!

余程の理由がない限り、恋人やパートナーの誕生日やプロポーズでは
間違っても、黄色い薔薇を贈らないでおきましょう。

 

 

贈るべきでないお花②・・・黄色のカーネーション

絶対に贈ってはいけない花は何?悪い意味を持つ花言葉を要チェック!

 

 

続いてご紹介する、花言葉に気をつけたいお花は
前向きな意味と色合いを連想する、「黄色のカーネーション」です。

カーネーションと言えば、「母の日」のプレゼントの定番として
その役割を発揮してくれる種類のお花ですよね!

 

 

もちろん、「母の日」以外にも、様々なシチュエーションの
贈り物やギフトに、ピッタリなカーネーション。

そんなカーネーションは、基本的に良い意味の花言葉が主になりますが
実はこちらも、花色によって花言葉が悪い意味に変わってしまうお花です!

 

 

黄色のカーネーションの花言葉には、「軽蔑」の意味があるため
「母の日」のプレゼントには、絶対に選びたくない花色ですよね。

黄色いカーネーションも、余程の理由がない限りは
原則として、贈らないのが無難であると言えます!

 

 

贈るべきでないお花③・・・金魚草

続いてご紹介する、花言葉に注意したいお花は
見た目の可憐さから、つい選びたくなる、「金魚草」です。

金魚草は、可愛いらしい印象が強いお花なので
ぜひ女性に贈りたいところですが、残念ながらその花言葉は
女性にとって、あまり嬉しくない意味を持っています。

 

 

そんな金魚草の気になる花言葉は、「でしゃばり」や「おせっかい」など
お世辞にも、女性が言われて嬉しい言葉、とは言えませんよね。

金魚草もまた、それ単体で贈るとなると、非常に難しいものですが
どうしても贈りたい場合は、他のお花をメインにした花束と
一緒に贈るなどして工夫したいところ!

 

 

もちろん、見栄えには文句無しの美しさと可憐さが
きちんと伴っている、優美な金魚草―

贈り物には不向きですが、家庭内での観賞用などとしては
その癒しの役割を発揮してくれるので、ぜひあなたも
楽しみ方を厳選して、金魚草を育ててみてはいかがでしょうか?

 

 

贈るべきでないお花④・・・紫色のクロッカス

続いてご紹介する、花言葉に気をつけたいお花は
ガーデニングの定番でもある、「紫色のクロッカス」です。

クロッカス自体は球根性の植物であり、ガーデニングが趣味の方を中心に
常に人気が高い種類のお花であると言えますよね。

 

 

だからこそ、ぜひ大切な人にも贈りたいと思えるクロッカスですが
残念ながら、紫色のクロッカスには要注意です!

紫色のクロッカスの花言葉には、「愛の後悔」という
ネガティブなメッセージが含まれており
マイナスな意味をわざわざ伝えてしまう羽目になります。

 

 

「あなたを愛したことを後悔している」―
好意を持っている相手には、まず伝えたくない言葉ですよね。

気になる人や大切な人への贈り物を選ぶ際は
是が非でも、紫色のクロッカスを贈らないでおきましょう

 

 

贈るべきでないお花⑤・・・ダリア

続いてご紹介する、花言葉に気をつけたいお花は
華やかさと柔らかさが共存した、「ダリア」です。

見た目の華やかさが目を惹くダリアは、贈り物向きであると思われがち
ですが、その実際は、花言葉の中にとても悪い意味があるので
誰かにプレゼントする際は、ぜひ注意しておきたい部分です。

 

 

気になるダリアの花言葉自体は、多様な意味がありますが
マイナスな意味としては、「裏切り」というメッセージがあります。

間違っても、この花言葉は、おめでたいお祝いの場や
新たな門出のプレゼントには、不向きであることが分かりますよね!

 

 

どうしてもダリアを贈りたい場合は、別の意味の花言葉である
「華麗」や「感謝」のメッセージを添えたいところ。

ダリアは単体で贈らず、他のお花や花言葉と併せて
意味合いも考慮しながら選ぶのがポイントであると言えますよね!

 

 

贈るべきでないお花⑥・・・紫色と赤色のヒヤシンス

続いてご紹介する、花言葉に気をつけたいお花は
花壇や鉢植えで育てたい、「紫色・赤色のヒヤシンス」です。

ヒヤシンス自体、非常にボリュームのある花を咲かせるのが特徴であり
鉢植えごと、置いて飾るのに向いているお花であると言えます!

 

 

それほど綺麗な花を咲かせるヒヤシンスですが
生憎、花言葉だけを見るとプレゼント向きではありません。

中でも特に、避けておきたい花色であるのが
紫色と赤色の2色であり、前者は「悲しみ」、後者は「嫉妬」
という意味合いを、それぞれに持っています。

 

 

せっかく綺麗なお花でも、「悲しみ」や「嫉妬」といった
マイナスな花言葉を贈ることは、避けたいところですよね。

ただし、紫色のヒヤシンスに限っては、「悲しみを超えた愛」という
壮大な意味もあるので、贈り物のシチュエーションによって
あえてプレゼントに選べるメッセージと言えるのではないでしょうか?

 

 

贈るべきでないお花⑦・・・マリーゴールド

最後にご紹介する、花言葉に気をつけたいお花は
ガーデニングの定番でもある、「マリーゴールド」です。

マリーゴールドは、観賞用としても人気が高く
よく花壇に咲いている姿を見る人も多いのではないでしょうか?

 

 

非常にポピュラーなお花、という印象があるマリーゴールドも
実は花言葉の中に、悪い意味を含んでいるのが特徴です。

そんなマリーゴールドの気になる花言葉には
「悲しみ」、「絶望」、「嫉妬」という
圧倒的にマイナスなメッセージが込められています。

 

 

とても可愛らしい見た目に反して、花言葉の持つ闇の深さが
一方では大きなギャップに繋がりますよね!

よほどのマリーゴールド好きな人以外には
贈らない方が無難なお花になっているので、プレゼントする際は
ぜひ細心の注意を払っておきましょう。

 

 

絶対に贈ってはいけない花を押さえておこう!

絶対に贈ってはいけない悪い花言葉のお花を
いくつかご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

まだまだお花の中には、プレゼントに不向きな花言葉を持つお花が
沢山あるので、お花を贈る際は、必ず花言葉も一緒に
確認することを習慣にしておきたいところ!

 

 

もちろん、神経質になって花言葉ばかりを
気にする必要はありませんし、どんなに花言葉が悪い意味であっても
本来、お花そのものには罪はありませんよね。

「綺麗だと思ったお花を、贈りたいと思った相手にプレゼントする」
この気持ちだけで、十分嬉しい人も多いのではないでしょうか?

だからこそ、お花をプレゼントする際は、頭の片隅に
悪い花言葉を持つお花を覚えつつ、あなたが贈りたいと思ったお花を
素直な気持ちやメッセージにして贈りましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月14日17:00~9月19日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月19日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク