記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

マーガレットの花言葉や由来とは?シャスターデージーやフランスギクとの見分け方は?

今回取り上げるのは清楚で可愛らしい花「マーガレット」です。

でもよく似た花もあるためどれがマーガレットなのか分からないことも。

 

 

そこでその見分け方や栽培管理というすぐ使える情報と、
雑学的知識話題のタネとして使える花言葉や由来についてまとめました。
 

マーガレット 花言葉

 

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

それでは本文をお楽しみください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

マーガレットの花言葉

とても可愛らしくて身近な花マーガレットですが
一体どんな花言葉があるかご存知ですか?

 

 

また、なぜそうなのかを知ると益々マーガレット
すきになるかもしれません。

それではどんな花言葉なのか見ていくことに致しましょう

 

 

<花言葉>

恋占い 真実の愛 信頼

 

 

<西洋の花言葉>

「secret love(秘密の恋)」「faith(信頼)」
どれも納得の花言葉ですが、ちゃんとした由来は知らない。

 

 

あくまでこうかなぁ。

という創造の範囲内ですよね。

ならば、この機会にちゃんとした由来を知っておきませんか?

実はこんな由来があったのです。

 

 

マーガレットの花言葉の由来

マーガレット 花言葉

 

 

先に紹介した花言葉の中で由来が分かったのは
「花占い」「真実の愛」この2つだけでした。

それぞれなぜそうなのかをお伝えしていきますね。

 

 

花占い

女の子なら一度はやったことがあるであろう「好き、嫌い、好き、嫌い・・・」
と花びらを一枚一枚ちぎっていく占い

コレに使われている花が実はマーガレットなんです。

 

 

そう。

この占いに使われていたということから「花占い」という花言葉になりました。

 

 

真実の愛

次に見ていくのが「真実の愛」という花言葉。

こちらは女性の守護神アルテミスに捧げるであったことから
女性の求める最高の幸せという意味で「真実の愛」という花言葉になったそうです。

 

 

以上が花言葉についてです。

幼少期にやっていたことがまさか「花言葉」の由来だったとは驚きですね。

そして、もひとつの方(真実の愛という花言葉)も納得です。

 

 

と申しますのもどういうわけかギリシャ語
ギリシャ神話が絡んでくることが多い気はしていたからです。

 

 

なので、そういう意味の驚きはなかったものの「真実の愛」という花言葉の由来がハッキリと
分かったのは良かったな、と思います。

スッキリついでに花名の由来も見ていきましょう。

 

 

マーガレットの花名由来

花言葉の由来を学んだ流れで次は花名の由来を見ていくことにしましょう。

先程の項目ではギリシャ神話が出てきましたが、今回はギリシャ語が絡んできます。

 

 

そして和名とギリシャ語由来のモノとを比べると受ける印象が違うのもまた面白いです。

それでは花名の由来を見ていくことに致しましょう。

マーガレットの花名は、
その美しい白い花にちなみ「真珠」という意味のギリシア語「マルガリーテス」が語源になります。

 

 

マーガレットの和名「木春菊(モクシュンギク)」は、
葉の形が同じキク科のシュンギクに似ていることに由来します。

 

 

マーガレットはアフリカ西海岸
カナリア諸島原産の花をフランスで園芸用に改良したもので、
英語では「Paris daisy(パリス・デージー)」とも呼ばれます。
とのことでした。

 

 

なるほど。

春菊に葉が似ているから「木春菊」なのですね。

ギリシャ語の「マルガリーテス(真珠)」と比べると泥臭いですが、
良く特徴を捉えていて分かりやすいですね。

 

 

ただ、厄介なのが園芸名「Paris daisy」なんです。

なんでこれが厄介化というとデージーとマーガレットは別の花だからです。

 

 

でも、英語でそう表現してしまうのも仕方ない事なんです。

なぜなら「二つはよく似ているから」
正確には「シャスターデージー」とよく似ているのです。

 

 

そこで、どっちらだろうと悩まないでいいように
見分け方をお伝えしますね。

 

 

マーガレットとよく似ている花

この項目では、先にちょこっと触れたシャスターデージーと他1種類の花を取り上げていきます。

どちらもぱっと見マーガレットと似ているため
混同されやすい花なので、見分け方を覚えておきましょう。

 

 

<マーガレットに似ている花>

フランスギク
葉はヘラ状
互生です。

浅い切れ込みが入っています。

 

 

シャスターーデージー
立ち上がって咲いている
花時期に地面に低い所にしか葉が無い

 

 

そして、マーガレットの特徴は、先ほど花名の由来で触れたように
春菊のような葉ということが挙げられます。

 

 

また、マーガレットは種類が多いのでそれぞれ違う特徴があるかと思いますが、
我々がマーガレットとして恐らくイメージするのは、
恐らく、チェルシーガールか、サンデーリップルと呼ばれているモノかと思います。

 

 

と言われても良く分からないかもしれないと思い、次の項目で種類を紹介することにしました。

コレを参考に選ぶのもいいかと思います。

 

 

マーガレットの種類

マーガレット 花言葉

 

 

それでは、いよいよ種類を見ていきましょう。

あなた好みのものはあるでしょうか?

それでは一緒にみていきましょう。

 

 

サマーメロディー
鉢花として出回る品種

流通量多いピンクのグラデーション美しい花

 

 

チェルシーガール
糸のような極端に細い葉をもつ品種

原種のグラシレに非常に似ている

立ち性で分枝しにくい

 

 

サンデーリップル
鉢植え向きの早生品種

分枝性がよく、コンパクトにまとまる。

暑さに強い

 

 

他にも何種類かありましたが、文字数の関係もあるので、
この3つだけご紹介して終わりに致します。

他にどんなのがあるのか気になる方は是非調べてみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

マーガレットのまとめ

いかがでしたか?

少しは参考になりましたか?

 

 

マーガレットの花言葉やその由来からはじまり、フランスギクシャスターデージーとの見分け方、
種類についてお話をさせて頂きました。

 

 

その中でも見分け方実用的な知識だと思うのでいつでも見られるようにブックマークや
印刷して保存するなどをしておくことをおすすめ致します。

最後まで読んで頂き有り難うございました。

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク