記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ラベンダーにも花言葉はついているの?その由来についてもご紹介!

あなたは、ラベンダーという花名を聞いて、その花姿を思い浮かべる事は出来ますか?

比較的認知度は高い花なので、お花が趣味というわけではなくても、
ほとんどの方がその花有姿を思い浮かべる事が出来るのではないでしょうか。
 

ラベンダー 花言葉

 

 

今回は、そんなとても名なラベンダーの花とは、どのような花なのか、
またラベンダーにも花言葉がつけられているのか等
ラベンダーという花についてお話しさせて頂きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ラベンダーってどんな花?

ラベンダーは、シソ科のラヴァンドラ属に属していて、半木本性植物の呼び名とされています。

ラベンダーの原産は、地中海沿岸とされており、
高さは1mから1m30cm程と、とても大きく高く育つ花ではありません。

 

 

花の色は、主に、中には白やピンクラベンダーもあります。

ラベンダーと聞いて、真っ先に思い浮かべる色はやはりを思い浮かべた方が多いのではないでしょうか。

ラベンダーの花姿は、すらっと伸びた茎の先に、沢山の小さな花弁を付け、独特な形の花姿をしています。

 

 

開花の時期は、7月から8月とされています。

暑く、湿気の多い所苦手ラベンダーは、北海道の気候がとてもよくあいます。

北海道富良野市にある、「ラベンダー畑」は全国的にもとても有名な観光スポットですよね!

 

 

目の前に広がる、色とりどりのラベンダーが咲いている光景はまさに圧巻!

一度は行ってみて頂きたいおすすめのラベンダー観賞スポットです。

 

 

さらにラベンダーは、「ハーブの女王」との呼び名もあります。

古くは古代ローマの時代、とても香りの高い薬草としても利用されていました。

また、古代のローマの人々は、
お風呂に入る際にもラベンダーをに入れその効能りを楽しんでいたと言われています。

 

 

今現在でも、入浴剤芳香剤などの香りにラベンダーはよく使われていますよね。

古代ローマの人々と同じ香りを楽しんでいると考えると、とても感慨深いものがありますね!

 

 

さて、続いてはラベンダーの花言葉についてご紹介です。

ラベンダーにも、もちろん他の花と同じく花言葉がつけられています。

 

 

どのような花言葉がついているのでしょうか。

また、花言葉花名の由来についても合わせてご紹介です

 

 

ラベンダーの花言葉

ラベンダー 花言葉

 

 

ラベンダーにはとてもたくさんの花言葉がつけられています。

一気にご紹介です。

 

 

あなたを待っています

期待

私に答えて下さい

 

 

沈黙

繊細

清潔

 

 

優美

許し合う愛

疑い

不信

 

 

なんと、ラベンダーには10個もの花言葉がついているのです!

そんなラベンダーにつけられている花言葉
ラベンダーという花名の由来についてもお話しさせて頂きますね。

 

 

ラベンダーの花言葉・花名の由来とは

先ほども少しお話しさせて頂きましたが、
ラベンダーは古代ローマの人々が薬草として使っていたことでも知られています。

「繊細」「清潔」という花言葉。

この花言葉の由来は、薬草として使っていた時のその薬効由来と言われています。

 

 

また、ラベンダーの花の色のイメージは青色が一般的ですよね。

英語で「ブルー」というのは、ネガティブな印象の言葉として使われていますが、
「疑い」「不信」という花言葉はラベンダー花色英語で表現した時の言葉が由来と言われているのです。

 

 

更に、ラベンダーのリラックス効果のあるとても良い香りが由来とされているのが、
「優美」「許し合う愛」という花言葉。

そして、ラベンダーの香りにあるとされている鎮痛作用が由来といわれているのが、「沈黙」という花言葉です。

 

 

そして、花名の由来

花名の由来はいくつか説があり、
「洗う」という意味のラテン語が語源となっている、という説と、
「青みが買った」という意味のラテン語が由来となっている
、という説があります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ラベンダーについてまとめ

ラベンダー 花言葉

 

 

今回は、ラベンダーという花についてご紹介させて頂きました。

簡単にですが、まとめさせて頂きますね。

 

 

・シソ科のラヴァンドラ属に属している

・高さは1mから1m30㎝ほどの高さに成長する

・花の色は主に紫、他にも白やピンクなどの花色のラベンダーもある

 

 

・開花の時期は、7月から8月とされており、
その時期に北海道の富良野市にある「ラベンダー畑」で
満開に咲き誇るラベンダーを見る事が出来る

・ハーブの女王とも呼ばれており、古代ローマの人々の間でも、薬草として使われていたり、
香りを楽しむアイテムとしてとても人気のある花だった

 

 

・つけられている花言葉が10個もある

簡単にですが、ラベンダーという花についてまとめさせて頂きました。

少しは参考にして頂けたでしょうか?

 

 

ラベンダーは香りも、その花姿もどちらも楽しむ事が出来るとても人気のある花です。

私は、富良野市にあるラベンダー畑に行った事がありますが、
一面に広がるラベンダー畑の光景は、本当に綺麗で、
行った事の無い方は是非行ってみて頂きたい観光スポットです。

 

 

開花時期になるとバスツアーなんかも沢山ありますので、
北海道にお住いの方も、旅行で本州より来られる方も、是非観光に行ってみて下さいね!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク