記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ドライフラワーにしやすい花にはどんな花があるの?

ドライフラワーは比較的に簡単に作ることができますし、
プレゼントなどにも用いることが出来る便利なものとなっています。

 

 

なので、ドライフラワーを自分で作って
人に贈る人もいるのではないでしょうか。

 

 

そのような時に、ドライフラワーにしやすい花のことを知っていれば、
ドライフラワー製作もより手軽になります。

 

 

今回はこのようなドライフラワー製作の時に
どのようながドライフラワーに適しているのかということを
説明していきたいと思います。

 

 

ドライフラワーにしやすい花の定番

ドライフラワーにしやすい花にはどんな花があるの?

 

 

では、どのような花がドライフラワーにしやすいのでしょうか。

ドライフラワーにしやすい花をいくつか紹介していきたいと思います。

 

 

まず、ドライフラワーにしやすい花として
一番に出てくるのがバラです。

 

 

バラはドライフラワーにしやすい花の代表ということが出来るほど、
ドライフラワーに向いている花です。

 

 

さらにバラはとても人気がある花である為、
ドライフラワーとして販売されていることも多く、
バラでドライフラワーを作る方法などもたくさんできているので、
環境的にもドライフラワーに適しているということができます。

 

 

バラをドライフラワーにする時には、
なるべく新鮮なバラを利用するようにしましょう。

 

 

咲いてから日数が経っているバラの場合、
花の色がキレイではなくなることがあります。

 

 

また、バラは生花の時とドライフラワーにした時とで
花の色にある程度の違いが出てしまいます。

 

 

赤いバラの場合、少し黒っぽい色になってしまいますし、
橙色のバラの場合には赤っぽい色になってしまいます。

 

 

このように生花の時とドライフラワーにした時では色が異なってくるので、
ドライフラワーにしたときにどのような色になるのかということを想像しながら、
ドライフラワーにするバラの花の色を選ぶといいのではないでしょうか。

 

 

その他のドライフラワーにしやすい花

バラ以外にどのような花がドライフラワーにしやすいのか
ということも紹介していきます。

 

 

ドライフラワーにしやすい花の一つに紫陽花があります。

紫陽花梅雨の時期に花を咲かせる植物で
色々な場所で咲いているのを見かける花だと思います。

 

 

紫陽花は咲き始めのころは花が柔らかく、
ドライフラワーには適していませんが時間が経ち、
初夏のあたりになると花が硬く、
厚くなるのでとてもドライフラワーに適するようになります。

 

 

なので、紫陽花をドライフラワーにする時には
初夏に咲いている紫陽花を選ぶようにしましょう。

 

 

そして、紫陽花の他にもミモザ
ドライフラワーにしやすい花であるということができます。

 

 

ミモザはドライフラワーの中でも人気のある花です。

ミモザをドライフラワーにする時には少し多め
ミモザの花を用いるようにしましょう。

 

 

ドライフラワーにするために乾燥させているとミモザ自体が薄く、
小さくなるのでミモザの量を少なくしすぎるとドライフラワーになった時に
花がスカスカになって見栄えが悪くなってしまいます。

 

 

これらの花以外にもユーカリラベンダー
ドライフラワーにしやすい花となっています。

 

 

ラベンダーもユーカリも香りが強いことで知られている花で、
これらの香りはドライフラワーにしても残ります。

 

 

そのため、飾っているだけでも部屋にいい香りが漂うので、
これらの花をドライフラワーにする人もたくさんいます。

 

 

以上のように、
ドライフラワーにしやすい花にはいくつか種類があります。

 

 

ですが、花の中には
ドライフラワーにしにくい花もあるので注意が必要です。

 

 

ドライフラワーの寿命について

ドライフラワーにしやすい花にはどんな花があるの?

 

 

ドライフラワーを作って、家に飾っている時にドライフラワーの寿命
どれ位なのだろうかと疑問に思うことがあるのではないでしょうか。

 

 

ドライフラワーはいくら乾燥させているので枯れることがない
といっても寿命というものはあります。

 

 

長期間、飾っておくとドライフラワーにカビが生えたり、
が発生したりします。

 

 

また、ドライフラワーでも
時間の経過とともに少しずつ色が落ちていきます。

 

 

このようにドライフラワーに明確な寿命はありませんが、
時間と共に少しずつ劣化はしてきます。

 

 

なので、ドライフラワーを飾っている時に、
ドライフラワーの劣化が気になり始めたら
寿命が来ていると考えると良いのではないでしょうか。

 

 

ドライフラワーの寿命を左右するのが湿度乾燥の具合です。

湿度が高い場所においておくとカビが生える原因にもなりますし、
花の劣化も早くなってしまいます。

 

 

また、作る時にきちんと乾燥させていないと
花の中の水分が原因で劣化してしまうので、これらには気を付けるようにしましょう。

 

 

ドライフラワーにしやすい花のまとめ

ドライフラワーにしやすい花について紹介をしていきました。

今回紹介したドライフラワーにしやすい花の中にも品種によっては
ドライフラワーには適していないものもあります。

 

 

なので、ドライフラワーを作る時には、
どの花がドライフラワーに向いているのかということを
一つずつ調べてみるといいのではないでしょうか。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円今だけの期間限定で250円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク