記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ドライフラワーに適した花とは?気になる簡単な作り方をご紹介!

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月14日17:00~9月19日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月19日16:59まで)はこちら

 

 

お花を長く楽しむ方法の1つである、ドライフラワー
お店のインテリアや、お花屋さんでも見かけることが増えた
人気の高い花の演出ですよね。

今回はそんなドライフラワーについて
気になる花の種類を中心に、詳しくご紹介していきます!

 

 

お花のギフト以外に、インテリアとして注目されるドライフラワーを
自分で作ってみたい、と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そもそもどんなお花がドライフラワーに向いているのか
作るのは難しくないのかなど、実際に作成する上でも
分からないことは意外と多いもの。

ドライフラワーについて、もっと知りたい方はもちろん
実際に作ってみたい方に向けて、今回はドライフラワーに適した
お花の特徴と、その簡単な作り方を、合せてチェックしてみましょう!

 

 

そもそも「ドライフラワー」とは?

ドライフラワーに適した花とは?気になる簡単な作り方をご紹介!

 

 

まずは、ドライフラワーがどのようなものであるのか
簡単に説明していきます。

ドライフラワーとは、主に花や草を乾燥させたものを指し
その用途としては、装飾・観賞が挙げられます。

 

 

近年は、ギフトとしての需要も高まっており
おしゃれな贈り物にもピッタリなアイテムになっています。

特に、ドライフラワーの一種であるプリザーブドフラワー
色鮮やかなお花を、より長く楽しめることもあり
ギフトに選ばれる人が多いのも、印象的なポイント!

ドライフラワーにすることで、お花をより長く保存できるので
お花を貰った時に、「枯れたら捨てるのはもったいないな」と感じる方は
枯れる前の段階で、ドライフラワーにするのがオススメです。

 

 

ドライフラワーに適しているお花とは?

ドライフラワーに適した花とは?気になる簡単な作り方をご紹介!

 

 

ここからは、ドライフラワーに適したお花について
具体的な特徴と、その種類をご紹介していきましょう。

そもそも、ドライフラワーは全てのお花で上手く作れる
というものではないので、ドライフラワーを自分で作りたい場合は
まず、お花の選び方に注意してみてくださいね。

 

 

ドライフラワーに適しているお花の特徴

  • 乾かしやすいお花
  • あまり変色しないお花

 

 

一方で、水分が多く含まれているお花や
乾いた時に、元々の色が無くなってしまうお花は
ドライフラワーには不向きということになります。

 

 

では、上記のことを踏まえつつ、実際にドライフラワー作りに
適しているお花には、どのようなものがあるのでしょうか?

気になる具体的なお花の種類を挙げていくので
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

薔薇

生花の時の花色が非常に鮮やかな薔薇は
典型的なドライフラワー向きの花であると言えます。

乾燥することで、鮮やかさは多少落ちてしまうものの
ドライフラワーでしか味わえない綺麗な色合いになります。

花色をより綺麗に出しておきたい場合は、新鮮な状態から
すぐにドライフラワーにしてしまうのがオススメです。

 

 

千日紅

千日紅は水分が少ないお花であり
非常に乾燥させやすいのが特徴です。

生花の状態でも、手触りがカサカサしているお花は
ドライフラワーに適していると言えます。

 

 

スターチス

スターチスもまた、千日紅同様、生花の状態でも
手触りがカサカサしているお花の1つです。

尚且つ、スターチスは花色が豊富であるため、好みの色で
ドライフラワーを作れるのも、魅力的なポイントになっています。

 

 

ミモザ

色鮮やかな、黄色の小さな花を咲かせるミモザもまた
ドライフラワーにはピッタリなお花です。

沢山のミモザをドライフラワーにして、スワッグ(壁飾り)
リースを作ったりするのが、非常に人気が高まっている楽しみ方です。

 

 

ラベンダー

美しい紫色の花色が印象的なラベンダーも
ドライフラワーに人気のお花になっています。

ラベンダーは香りも良く、見た目の印象も上品さがあるため
見た目香りも、両方楽しめるお花であると言えます。

 

 

ドライフラワーの簡単な作り方とは?

ドライフラワーに適した花とは?気になる簡単な作り方をご紹介!

 

 

ここまでは、ドライフラワーそのものの特徴や種類をお伝えしましたが
最後に、ドライフラワーの簡単な作り方をご紹介していきましょう!

まず、最も簡単であるとされるドライフラワーの作り方は
ずばり、シンプルにお花を自然乾燥させる方法です。

 

 

主な作成過程としては、ドライフラワーにしたい生花を
輪ゴムや麻ひもでまとめ、約2週間程、日陰に吊るして待つ
というだけなので、子どもも一緒に作れるのが嬉しい特徴ですよね!

この時、花の方を下にして吊るしておくことで
お花の首が曲がってしまうのを防げます!

より綺麗にドライフラワーを作りたい方は、ぜひ以下の流れを
作成時の参考にしてみましょう。

 

 

①作成に適した季節

  • 春または秋から冬にかけての時期
  • 湿度が低めで乾燥しやすい時期であることがポイント

 

 

②作成に適したタイミング

  • なるべく晴れの日が続く時
  • 生花の水分を素早く蒸発させることがポイント

 

 

③お花を吊るす場所の条件

  • 直射日光が当たらない日陰であること
  • 湿気が少なく、風通しが良いところがベスト

 

 

この他、ドライフラワーは非常に衝撃に弱いものなので
実際に吊るす場所は、人通りが少ない場所を選びましょう。

心配な方は、大人の頭の高さより上の場所に
ドライフラワーを吊るしてみるのがオススメです。

以上が、ドライフラワーを作る際の注意点になりますが
花を吊るす場所の条件さえ整っていれば、自宅でも簡単に
ドライフラワーを作ることができそうですよね。

 

 

またドライフラワーは、作るのに時間がかかるものの
その費用がほとんどかからないのも、魅力の1つ!

貰い物のお花をドライフラワーにする場合は
さらにコストパフォーマンスも高くなるので、誰でも気軽に作れることが
ドライフラワーの最大の利点であることが分かります。

 

 

オリジナルのドライフラワーを作ってみよう!

今回は、ドライフラワー適しているお花
その簡単な作り方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

想像していた以上に、作り方の工程が簡単である
その意外なドライフラワーの姿に、驚きもありましたよね!

 

 

筆者自身、これほど気軽に作れるのだから、自分もお花を貰った時は
実際にドライフラワーの作成に挑戦してみようと思えました。

あなたも、ドライフラワー向きの、薔薇や千日紅などを手に入れた時は
ぜひ、ドライフラワー作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月14日17:00~9月19日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月19日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク