記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ドライフラワーって何?ドライフラワーの作り方について

ドライフラワーというものを見たことがあると思います。

ドライフラワーには通常の生花よりも優れている点がたくさんあり、
プレゼントなどに用いられることも多くあります。

 

 

今回はそのようなドライフラワーについて、ドライフラワーとはどのような花なのか、
ドライフラワーはどうやって作ればいいのか
ということについて説明をしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ドライフラワーって何?

ドライフラワーって何?ドライフラワーの作り方について

 

 

ドライフラワーは植物の花や茎、
葉っぱなどを乾燥させることで作られる装飾品です。

 

 

ドライフラワーは基本的に乾燥させるだけで作ることができ、
とても手軽なものなので、花をきれいなままにしておきたい
と考えた時に作られることが多くなっています。

 

 

日本でも古くからおこなわれており、
様々な植物をドライフラワーにしてきました。

 

 

ドライフラワーのメリットとして一番に考えられるのが、
花が枯れる心配がないということです。

 

 

通常花は植物である為、
時間の経過とともに枯れてしまいます。

 

 

それはどのようなに対してもいうことができ、
どれだけ丁寧に育てたとしても枯れないということはありません。

 

 

ですが、生花などの植物をドライフラワーにすることにより、
花をドライフラワーにしたときの状態保存することが可能となっています。

 

 

生花と違い、花が散ったり、葉っぱが落ちたりする心配もないので、
家の中で飾ることに適しているということができます。

 

 

このような特性があるため、
ドライフラワーは人への贈り物として用いられることも多くあります。

 

 

ドライフラワーを受け取った人も生花とは違い保管がしやすいので、
受け取った後の手間も少ないので、
生花を受け取るよりもドライフラワーを受け取る方がいい
と感じている人も多くなっています。

 

 

ドライフラワーの作り方

では、そのようなドライフラワーならではのメリットを持っている
保存方法ですが、どのようにして、生花をドライフラワーにすればよいのでしょうか。

 

 

ドライフラワーの作り方を説明していきます。

ドライフラワーとはその名の通り、
花を乾燥させることで作ることができます。

 

 

この花の乾燥のさせ方にもいくつかの方法があります。

まず一つに花を自然乾燥させることにより
ドライフラワーにする方法です。

 

 

花をさかさまにして吊るし、日の当たらない場所で1週間から2週間
乾燥させることにより、ドライフラワーを作ることができます。

 

 

この方法はとても簡単にできますが、
時間がかかってしまうというデメリットもあります。

 

 

次にドライヤーなどを使ったドライフラワーの作り方があります。

ドライヤーを使う時に花に直接温風が当たらないように
注意しなければなりませんが、こちらの方法だとドライフラワーが1日で完成します。

 

 

作り方も自然乾燥をさせる時とほとんど変わらないので、
時間がない人におすすめの方法となっています。

 

 

そして3つ目グリセリンを用いた
ドライフラワーの作り方があります。

 

 

グリセリン熱湯を混ぜた液体の中に花の切り口を入れて
暗い場所で10日程度放置しておく方法です。

 

 

こちらの方法は作るのに時間はかかってしまいますが、
他の自然乾燥ドライヤーを使ったドライフラワーの作り方
おりもきれいにドライフラワーを作ることができます。

 

 

花や葉っぱの色も落ちにくく、長期間、
色褪せることなく保存することが可能となっています。

 

 

このようにドライフラワーの作り方にはいくつかの種類があり、
それぞれの方法に利点があります。

 

 

なので、ドライフラワーを作る時にはこれらの利点を考慮しながら、
どの方法でドライフラワーを作るのかを考えてみるといいのではないでしょうか。

 

 

ブリザーブドフラワーって何?

ドライフラワーって何?ドライフラワーの作り方について

 

 

ドライフラワーとよく似た言葉に
ブリザーブドフラワーというものがあります。

 

 

このブリザーブドフラワーとは一体何なのでしょうか。

ブリザーブドフラワーとはドライフラワーと同じように花を枯れることなく、
きれいな状態で長期間保管するための方法の1つです。

 

 

ブリザーブドフラワーとドライフラワーの大きな違いは、
その作り方にあります。

 

 

ドライフラワーは花を乾燥させることで作られますが、
ブリザーブドフラワーは専用の潤滑液着色液につけることで作られます。

 

 

ドライフラワーよりも作るのに手間お金が必要となってしまいますが、
ドライフラワーよりも仕上がりがきれいであることや
花の鮮やかさを失わないこと、長期間の間、
保管することが出来るといった利点があります。

 

 

また、ドライフラワーとは違い、花粉などが飛ぶ心配もないため、
病院のお見舞いの品として用いられることも多くなっているのが特徴です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ドライフラワーの作り方についてのまとめ

ドライフラワーとはなんなのか、ドライフラワーはどうやって作ればよいのか
ということを説明していきました。

 

 

ドライフラワーには生花にはない利点がたくさんあります。

なので、状況によっては生花を贈るよりも
ドライフラワーを贈る方が相手に喜ばれることも多くなっています。

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク