記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

どうして花は枯れてしまうの?花が枯れてしまう原因と対策

花を育てていると、花が枯れてしまうことがあります。

花についてあまり詳しくない場合、
なぜ花が枯れてしまったのかということがわからずに困ってしまうこともあります。

 

 

なので、今回はこのような花が枯れてしまう原因について説明をしていくと
同時に花が枯れてしまうのを止めるための対策について説明をしていきます。

 

 

なぜ花が枯れてしまうのか

どうして花は枯れてしまうの?花が枯れてしまう原因と対策

 

 

花が枯れてしまう原因はいくつか考えられます。

その一つに日光に当たりすぎたことが原因で枯れる
というものがあります。

 

 

普通に考えると、植物は光合成をするので
日光に当たっていなければならないと考え、
なるべく日当たりのよい場所で育てようとしますが、
実は日光へ当たりすぎることは花が枯れてしまう原因にもなってしまうのです。

 

 

知っている人もいるかもしれませんが、
日当たりが良い場所は気温がとても高くなります。

 

 

特に夏場日射量も多くなり、
気温の上昇率も高くなります。

 

 

そのような夏場に日当たりが良すぎる場所に花を置いておくと、
花の表面温度が上がりすぎてしまい、花や葉っぱが焼けたり、
植物にとって重要な光合成が行われなくなったりします。

 

 

そうすると花は元気をなくしてしまい、
次第に枯れていってしまいます

 

 

また、日光に当たりすぎたことが原因で枯れてしまうこと以外にも
植物が日光に当たらないことが原因で枯れてしまうこともあります。

 

 

花が枯れてしまうことの対策

では、このように花が枯れてしまうのを防ぐためには
どうすればよいのでしょうか。

 

 

まず、夏場の日差しが強い日には日光が直接
花に当たらないような場所に移動させるというのがあります。

 

 

簡単な日よけを作るというのも方法の1つです。

ですが、花が日光に当たらないようにするために、
室内などへ入れてしまうと今度は全く日光が当たらない
ということになってしまいます。

 

 

そうすると花は光合成をすることが出来ずに枯れてしまうので、
全く日光が当たらない場所にはおかないようにしましょう。

 

 

夏場の日射量が多いお昼から夕方にかけてだけ
日光があたりにくいような工夫をして、それ以外の時間にはきちんと
日光が当たるようにしておくというのが良いのではないでしょうか。

 

 

また、花を室内で育てている時には
日光不足が原因で花が枯れてしまうことがあります。

 

 

なので、室内で花を育てる時には
窓際の光が当たる場所で育てるようにしましょう。

 

 

植物の中には必要となる光の量が異なる花もあります。

光をたくさん当てなければ花を咲かせないものや
逆に光を当てすぎると花を咲かせない植物もあります。

 

 

ですので、花にどれくらいの日光必要かということを
しっかりと調べておくようにしましょう。

 

 

冬場に花が萎れてしまった時にはどうすればいいの

どうして花は枯れてしまうの?花が枯れてしまう原因と対策

 

 

になると花の元気がなくなり、花が枯れてしまうことがあります。

そのような時にはどうすればいいのでしょうか。

 

 

日本の冬は氷点下になることもあり、
花にとっては寒すぎるということになってしまいます。

 

 

そのような時に外の気温が低い場所に放置しておくと、
花が凍ってしまったり、凍傷になってしまったりします。

 

 

このような状態になってしまうと、花が枯れる原因になってしまうので、
花を気温が低い場所においておくのを止める必要があります。

 

 

花の種類にもよりますが、花が育つのに適している温度は
10度から25度程度となっており、冬場の寒い時期にはこの温度を目安に
温室に花を保管したり、部屋の温度を上げて
部屋の中で花を育てたりするようにしましょう。

 

 

野菜を育てている人や野菜を育てたことがある人は
知っているかもしれませんが、冬に野菜を育てる時には野菜の温度
下がりすぎてしまわないように土の上にを敷いたり、シートを敷いたりします。

 

 

花にもこれらの工夫をすることが可能となっており、
気温が下がる冬の時期には花を育てている植木鉢や
プランターにシートを敷くというのも方法の一つとなっています。

 

 

そうすることで、土の温度低下を防ぐことになり、
土が凍ることもなくなるので花が寒さが原因で枯れてしまうこともなくなります。

 

 

そうすれば、花をわざわざ暖かい所に移動させる必要もなくなり、
花を育てている人にとってはとても楽になるのではないでしょうか。

 

 

花が枯れてしまう原因と対策のまとめ

花が枯れてしまうのにはいろいろな理由があります。

このなぜ花が枯れてしまうのかということを知らなければ、
花を育てていてもすぐに花が枯れてしまうということになってしまいます。

 

 

花が枯れてしまう原因の大部分
日光に関係しています。

 

 

日光に当たりすぎたり、逆に日光に全く当たらなかったりしてしまうことで、
花は枯れてしまうことがあります。

 

 

日光の当たりすぎは特に夏場に起こりやすく、日光に当たりすぎている場合には
葉っぱや花が茶色く焼けてしまうこともあるので、
花や葉っぱの色を見ることでも日光に当たりすぎているのかどうか
ということは判断することが出来るようになっています。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円今だけの期間限定で250円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク