記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

花を室内で育てたいけどどうやって育てればいいの?

花を育てたくても、外に花を育てることが出来るような場所がない時に
花を室内で育てるという選択肢があります。

 

 

特にアパートやマンションといった部屋に住んでいる人は
外で花を育てることができないのでを育てようと思ったら
部屋の中で育てるしかありません。

 

 

では、そのような場合に
どのように室内を育てればよいのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

室内での花の育て方

花を室内で育てたいけどどうやって育てればいいの?

 

 

室内で花を育てる場合
室外で花を育てる時とは違う点があります。

この室内室外での違いについて説明をしていきます。

 

 

まず、室内で育てる時と室外で育てる時の違いに
日光の当たり方というのがあります。

 

 

室外で育てる場合には日の当たるところ
植物をおいてさえいれば問題はありませんでしたが、
室内で育てる場合には植物に当たる日光の量は少なくなってしいます。

 

 

なので、基本的に室内で植物を育てる時には
窓際で育てることが多いと思いますが、
その時に定期的に鉢植えの植物の向きを変える必要があります。

 

 

そうしなければ、日光が全く当たらない場所が出来てしまい、
花が枯れてしまう原因になってしまいます。

 

 

次に水やりについても違いがあります。

室内で花を育てる時に水やりを行う回数
水やりの量を気にする必要があります。

 

 

室内で育てる時には土に含まれる水分が蒸発しにくいため、
水の与えすぎは花が枯れたり、腐ったりする原因になってしまいます。

 

 

なので、水やりをする回数や一度の水やりで与える水の量
室外で花を育てる時よりも少なめにする必要があります。

 

 

そして、室内で花を育てる時と室外で花を育てる時の違いにはもう一つ、
ほこりの有無があります。

 

 

室外で花を育てる時には花にほこりが付着することが少なく、
仮に花にほこりが付着したとしても、
などで付着したほこりはきれいに取り除かれます。

 

 

しかし、室内で花を飼育している場合には
花にほこりが付着してしまうとそのまま付着した状態になってしまいます。

 

 

なので、室内で花を育てる時に花にほこりが付着すると
自分で取り除く必要があります。

 

 

このように、室内で花を育てる時と室外で花を育てる時とでは
育て方に違いがあるので、この違いをきちんと理解しておく必要があります。

 

 

室内で育てやすい花

では、具体的にどのような花が室内で育てやすいのでしょうか。

基本的に室内で育てやすい花は直射日光に弱く
暑さや寒さに対してあまり耐性のない観葉植物となっています。

 

 

観葉植物には室内で育てるように栽培されているものが
ほとんどとなっています。

 

 

観葉植物以外で
室内での栽培に適している花はどのような花なのでしょうか。

 

 

まず、一つにシクラメンがあります。

シクラメンは冬の花の代表ともいえる花ですが、
冬の花であるにも関わらず霜に弱いという性質を持っています。

 

 

また、ある程度の温度までは問題なく成長することができるので、
室内での栽培に適している花であるということができます。

 

 

シクラメンを室内で育てる時の注意点として、
室温をあまりあげすぎないということが挙げられます。

 

 

シクラメンは温度に対して
ある程度の耐性を持っているといっても冬の花である為、
温度が高すぎると弱ってしまったり、枯れてしまったりします。

 

 

なので、室温があまり高くなりすぎないように
注意する必要があります。

 

 

また、シクラメンの他にも
セントポーリアという花が室内での栽培に適しています。

 

 

その理由として、セントポーリアは
直射日光に当ててしまうと花が焼けてしまうことがあるからです。

 

 

ですが、日光に当てる必要はあるため、
室内での柔らかい日光に当てるくらいがちょうどよい花となっています。

 

 

なので、セントポーリアを室内で栽培するときには
花に日光が当たる明るい場所で育てるようにしましょう。

 

 

あとは葉に水を直接かからないようにさえすれば、
簡単に育てることができます。

 

 

室内で花を育てる時の注意点

花を室内で育てたいけどどうやって育てればいいの?

 

 

室内で花を育てる時にどのような点に注意すればよいのでしょうか。

まず、肥料についてですが
室内で花を育てる時にも肥料を使用するのですが、
この時に無臭の肥料を使用するようにしましょう。

 

 

室内で通常の肥料を使ってしまうとにおいがあるので、
部屋の中が肥料臭くなってしまいます。

 

 

なので、室内での肥料の使用の際には
無臭の物を選んで使用しましょう。

 

 

次に換気についてです。

花を室内で育てる場合、換気をこまめに行う必要があります。

 

 

換気をすることで、部屋のにおいを抑えることが出来るだけでなく、
花には天敵であるカビを防止する効果もあります。

 

 

なので、換気は少なくても
一日に一度は必ず行うようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

花を室内で育てる方法のまとめ

室内で花を育てることは色々と注意しなければならないこともありますが、
室外で花を育てるよりもメリットとなる部分もたくさんあります。

 

 

室外での栽培よりも室内での栽培の方が適しているもあるので、
室内で花を育ててみようと考えている方は
参考にしてみるといいのではないでしょうか。

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク