記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

1月に咲く花と言えば何?花の特徴や花言葉も合わせてご紹介!

咲いている姿を見るだけで、季節を感じることが出来るお花

ですが、意外と有名なお花でも本来の開花時期が何月になるのか、
正確な月を知らない人も多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、1月を象徴するお花の本来の開花期やお花の特徴、
お花の花言葉をまとめてみました!

また、1月に咲くお花を
「1月から咲くお花」「1月が最盛期のお花」に分けてご紹介致しますので、
豆知識や会話のネタとして覚えてもらえると嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1月を象徴するお花と言えば?

まずは、「1月に咲くお花と言えば何?」と問われれば、
誰もが思い浮かべることが出来るお花の本来の開花時期お花の特徴をご紹介致します。

 

 

シンビジウム

1月に咲く花と言えば何?花の特徴や花言葉も合わせてご紹介!

 

 

シンビジウムは1月の誕生月のお花の1つでもあるので、
1月に咲いている印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

見た目がとても華やかなお花で、洋蘭の中でも特に人気の高いお花なのです。

冬の寒さにも負けない貴重な存在のお花です!

 

 

そんなシンビジウムの開花時期は、主に12月~5月となります。

シンビジウムは最盛期12月~5月となります。

冬の時期に鑑賞する鉢植えのお花としても大変オススメのお花です。

 

 

主なシンビジウムの花言葉は、「高貴な美人」「飾らない心」「素朴」となります。

また、シンビジウムの花色の種類は、
赤色、ピンク色、オレンジ色、黄色、白色、茶色など、
種類が豊富なのも特徴です。

 

 

スイセン

スイセンも1月の誕生月のお花となります。

耐寒性のある球根植物であり、ラッパ状の花を咲かせるお花です。

スイセンの花は白色と黄色の花色が印象的で、
スッキリとした花姿が非常に美しいお花ですね。

 

 

そんなスイセンの開花時期は、主に12月~4月となります。

スイセンは最盛期12月~4月となりますので、開花時期と一緒に覚えておきましょう!

主なスイセンの花言葉は、「自己愛」「うぬぼれ」となります。

 

 

また、スイセンは花色や種類によって花言葉が変わるのが特徴です。

数あるスイセンの花言葉の中でも、
黄色のスイセンの花言葉が「もう一度愛して欲しい」「私の元へ帰って」と、
復縁を切実に望む意味を持っているのが印象的です。

 

 

寒ボケ

寒ボケは1月などの冬の寒い時期に咲いている印象を持っている方が
多いお花ではないでしょうか?

ボケ自体は、寒咲きと春咲きで開花時期が分かれており、
基本的に寒咲きのものを寒ボケ春咲きのものをボケを呼びます。

そんな寒ボケの開花時期は、寒咲きが主に11月~2月となります。

出回りの時期が大体1月からとなりますので、
1月に咲いているという印象が強く残るのかもしれませんね!

 

 

主な寒ボケの花言葉は、「平凡」「指導者」「先駆者」となります。

他にも「妖精の輝き」「魅惑的な恋」といった、
少し変わった花言葉も持っています。

 

 

1月から咲くお花一覧!

続きまして、ここからは「1月から咲くお花」をまとめてご紹介致します!

 

 

1月に咲く花と言えば何?花の特徴や花言葉も合わせてご紹介!

 

 

開花時期は1月~3月。

主な花言葉「高潔」「忍耐」など。

また、色別では白色の梅の花言葉「気品」という意味も持ちます。

花言葉の通り、白色の梅の花は凛とした美しさが印象に残るお花です。

早春にしか咲かないお花なので、是非1月にかけて鑑賞したいお花ですね!

 

 

ロウバイ

開花時期は1月~2月。

主な花言葉「慈しみ」「ゆかしさ」など。

ロウバイは中国で梅、ツバキ、スイセンと共に”雪中の四花”と呼ばれているお花です。

蝋のような黄色い花を咲かせるのが特徴です。

 

 

オウバイ

開花時期は1月~3月。

主な花言葉「期待」「控えめな美」など。

梅の花によく似た黄色の花を咲かせることから
”黄梅(オウバイ)”という名前が付けられたのだそうです。

また、他にも”金梅””黄春梅”という別名でも呼ばれてます。

 

 

カランコエ

開花時期は1月~5月。

主な花言葉は「おおらかな心」「幸福を告げる」など。

小さくて可愛らしい花を沢山咲かせるお花です。

花色が豊富なのも特徴で、赤色、ピンク色、オレンジ色、黄色、白色などの花を咲かせます。

 

 

オステオスペルマム

開花時期は1月中旬~5月、もしくは9月中旬~11月中旬。

主な花言葉は「元気」「無邪気」「変わらぬ愛」など。

赤色、ピンク色、オレンジ色、黄色、紫色、白色など、
花色の種類が非常に豊富なのが特徴です。

 

 

1月が最盛期のお花一覧!

最後に、「1月が最盛期のお花」をまとめてご紹介致します!

ただし、季節が冬に近づくにつれて、
1月に最盛期を迎えるお花の種類はどんどん少なくなっていきます。

今回は周年で咲くお花と冬が最盛期のお花も交えて「1月が最盛期のお花」をご紹介致します。

 

 

ツバキ

1月に咲く花と言えば何?花の特徴や花言葉も合わせてご紹介!

 

 

開花時期は12月~4月。

主な花言葉「誇り」「控えめな優しさ」など。

 

 

また、花色によって花言葉の意味が変わり、

赤色のツバキは「控えめな素晴らしさ」
白色のツバキは「完全なる美しさ」
ピンク色のツバキは「控えめな愛」など、

非常に美しい花を咲かせるツバキならではの花言葉が並びます。

 

 

クリスマスローズ

開花時期は12月~2月。

主な花言葉「私の不安を和らげて」「慰め」など。

”クリスマス”と名前についているお花ですが、最盛期は意外にも1月となります。

薔薇の花によく似た花が咲くのが特徴です。

 

 

エリカ

開花時期は種類によって様々ですが、主に11月~6月となります。

主な花言葉「孤独」「寂しさ」など。

エリカは、種類によって開花時期が異なるお花なのです。

1月に鑑賞する機会があれば是非見ておきたいお花の1つだと言えるでしょう!

 

 

オドントグロッサム

開花時期は12月~2月。

主な花言葉「特別な存在」です。

星のような花姿をしているので、別名”彗星蘭”とも呼ばれているお花です。

花色が豊富で、なおかつ花の形が特徴的なお花なので、
印象に残りやすいお花だと言えるでしょう。

 

 

プリムラ

開花時期は12月~5月。

主な花言葉「青春の恋」「青春の始まりと悲しみ」など。

プリムラは12月が最盛期のお花でも紹介致しましたが、
1月も引き続き見頃を迎えますので鑑賞にオススメです。

花色が赤色、ピンク色、オレンジ色、黄色、紫色、白色など、
非常に豊富なのが魅力的です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1月に咲く花のまとめ

1月に咲くお花をいくつかご紹介致しましたが、
1月に咲いているお花の数が非常に少ないことが分かって驚きましたね!

是非、1月に咲いている貴重なお花は積極的に鑑賞していきましょう。

せっかくお花が1番美しく咲く時期や咲き始める時期を知ることが出来たので、
その知識をフルに活かして、1月に1番の旬を迎えるお花をご堪能下さい!

是非、今回ご紹介した1月が開花時期のお花を参考に、
1月に楽しめるお花をもっと覚えていきましょう。

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク