記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

花に虫がついた時はどうすればいいの?花につく虫にはどんな虫がいるの?

花を育てていると、
どうしても花に虫がついてしまうことがあります。

 

 

花に虫が付いてしまうと見た目も良くないですし、
なにより花の元気がなくなったり、
運が悪ければ花が枯れてしまったりすることがあります。

 

 

なので、花に虫がついた時にはその虫の対処をしなければなりませんが、
花に虫が付いた時にはどのような対処をすればよいのでしょうか。

また花につくにはどのような虫がいるのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

花につく虫の種類

花に虫がついた時はどうすればいいの?花につく虫にはどんな虫がいるの?

 

 

花につく虫の代表ともいえるのがアオムシです、
アオムシは蝶や蛾の幼虫ですが、成虫になる為にたくさんの栄養を必要とします。

 

 

そのため、花の柔らかい葉っぱなどの部分を食べてしまいます。

アオムシに葉っぱや花をかじられてしまうと枯れてしまう原因にもなる為、
花についているのを見つけた時にはすぐに取り除くようにしましょう。

 

 

花につく虫としてカメムシも挙げられます。

カメムシはにおいが臭いだけでなく、
花についてしまうと花の栄養を吸ってしまいます。

 

 

カメムシに栄養を吸われてしまうと、花が枯れたり、
花の形が変わってしまったりします。

 

 

触ると手ににおいがついてしまうため、
駆除するのも大変な虫となっています。

 

 

他にも花にはハモグリバエというハエがつくことがあります。

このハエは花の葉っぱに卵を産み付けてしまう困った虫となっています。

 

 

葉っぱに産み付けられた卵が孵化してしまうと葉っぱを食べてしまうので、
その部分が枯れたり、白くなってしまったりします。

 

 

そうなってしまうと花が育たなくなってしまったり、
花が枯れたりしてしまうので駆除しなければなりません。

 

 

このように花にはいろいろな種類の虫がついてしまいますが、
これらのがついてしまうと花は枯れてしまったり、
うまく育たなくなってしまったりして色々な被害を受けてしまいます。

 

 

なので、花に虫がつかないように対処をしなければならないのですが、
どのような方法で虫への対処をすればよいのでしょうか。

 

 

花に虫がついてしまった時の対処法

次にこのような花についてしまう虫への対処法についてですが、
すでに花に虫がついてしまっている場合にはその虫を取り除く必要があります。

 

 

虫を取り除く方法には大きく分けて二つあり、
その一つが花についている虫をピンセットなどで一匹ずつ取り除いていく方法です。

 

 

虫を素手ではなくピンセットを用いて取り除く理由として、
花についている虫の中にはを持っている虫もいるため、
手が痒くなったり腫れたりするのを防ぐためです。

 

 

また、カメムシのように触るだけでにおいが付いてしまう虫もいるため、
虫を素手で取り除くのは控えるようにしましょう。

 

 

虫を取り除く方法の二つ目
殺虫剤を用いて取り除く方法です。

 

 

現在では植物に使用しても植物に対して悪影響を及ぼさない
ガーデニング用の殺虫剤が販売されています。

 

 

そちらの殺虫剤を用いることで花にダメージを与えることなく
虫を取り除くことが可能となっています。

 

 

殺虫剤を用いる場合には、殺虫剤を用いるコストが必要となるので、
ピンセットを用いて一匹ずつ虫を駆除するよりもお金が必要になってしまいますが、
手作業で虫を取り除くよりも
効率的にかつ素早く虫を取り除くことが出来るというメリットがあります。

 

 

花に虫がつかないような対策

花に虫がついた時はどうすればいいの?花につく虫にはどんな虫がいるの?

 

 

花についたをいくら頑張って除去しても、
すぐに新しい虫がついてしまいますし、
虫を除去するのが少しでも遅れてしまうと花に影響を及ぼしてしまいます。

 

 

なので、そもそも花にがつかないようにするべきなのですが、
どのようにして花に虫がつくのを抑えればよいのでしょうか。

 

 

花に虫がつかないようにする一番の方法は
防虫ネットを使用することです。

 

 

防虫ネットは使用することで花に虫がつかなくなるだけでなく、
土に虫が入るのを防ぐ効果もあり、
花を育てるうえでとても重要な役割を果たしているといっても過言ではありません。

 

 

防虫ネットは園芸店で簡単に購入することができ、
設置も比較的に簡単に行うことができるので
花に虫がついてしまい悩んでしまっている人はぜひ利用するようにしましょう。

 

 

また、花に虫がつかない環境を作る
というのも重要になってきます。

 

 

水分が多い所や湿度が高い場所
日に当たりにくい場所は虫にとってもすごしやすい環境となっています。

 

 

そのため、そのような環境で花を育てていると
花につきやすくなってしまうので花を育てる環境には
十分に注意をするようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

花に虫がついた時のまとめ

今回は花につく虫について説明をしていきました。

花に虫がついてしまうのはどうしても避けることができないことなので、
花に虫がつかないようにどう対処するかということが重要になってきます。

 

 

花はとてもデリケートな植物で虫が少しついてしまうだけでも
枯れてしまう可能性もあります。

 

 

なので、どうすれば花に虫がつかなくなるのか、
花にがついてしまった時にはどうすればいいのか
ということをしっかり考えながら花を育てるようにしましょう。

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク