記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

育てている花に元気がなくなった時の対処法

花の元気が急になくなってしまうことがあります。

そのまま放っておくと、花が枯れてしまうこともあるので、
なんとかして花の元気を取り戻さなければなりませんが、
どうやって花の元気を取り戻せばよいのでしょうか。

 

 

今回はこのような
元気がなくなった時の対処法について説明をしていきます。

 

 

育てていた花の元気がなくなった時の対処法

育てている花に元気がなくなった時の対処法

 

 

何が原因花の元気がなくなってしまうのでしょうか。

花の元気がなくなってしまう原因の一つ水分不足があります。

 

 

花はいつも花や葉っぱから水分蒸発させています。

なので、水分はいつでも一定量必要になるのですが、
水分がなくなると葉っぱから水分がなくなってしまい、
元気がなくなり葉っぱが萎れてしまいます。

 

 

花に水を与えすぎると根っこや茎が腐ってしまうため、
水やりをする回数を少なくしたり。

 

 

全く水やりをしなかったりする人もいるかもしれませんが、
この行動が原因で花に元気がなくなってしまうわけです。

 

 

水やりは花の元気を維持するだけでなく、
土の栄養分にも影響を与えるので必ず行う必要があります。

 

 

感覚的には土が乾いてきたら水やりを行うようにしましょう。

水やりを行わなかった場合、
葉っぱから順番に変化が表れ始めます。

 

 

葉っぱが茶色に変色し始めたら
葉っぱに元気がなくなっている証拠となっています。

 

 

葉っぱが白くなったり黒くなったりしてしまうと
葉っぱが枯れてしまっています

 

 

このような状態になるともう元に戻ることはありません

なので、このような状態になる前に
葉っぱに元気がなくなってきたと感じたら対処をするようにしましょう。

 

 

花瓶に飾ってあった花が萎れてしまった時の対処法

もらい物などで花を貰うことがあります。

このようなもらい物の花は茎の部分で切られていることが多く、
時間が経つとともに元気もなくなってきます。

 

 

そのような茎の部分で切られた花が萎れてしまった時には
どのようにすればよいのでしょうか。

 

 

このような花が萎れてしまった時には湯あげという
方法を用いることで萎れてしまった花を元気にすることができます。

 

 

湯あげとは萎れた花の茎の部分を熱湯
30秒程度浸けた後に冷水で茎の切り口を冷やす方法です。

 

 

この湯あげを行う上で注意しなければならないのが、
茎の切り口を熱湯につける時に、
蒸気を花や葉っぱに当てないようにすることです。

 

 

当てないようにするために新聞紙などで花を包んで
この湯あげを行うのが一般的となっています。

 

 

なぜ、このような方法で花が元気を取り戻すのかというと、
茎の切り口を熱湯につけた後に冷水にさらすことにより、
切り口の部分から水分を吸収し、花の元気を取り戻すことができます。

 

 

贈り物などで使用する花は茎の部分で切られるため、
切られた後は水分吸収することが出来なくなります。

 

 

そのせいで花から水分がだんだんと抜けていき、
元気がなくなってしまいます。

 

 

なので、花に水分さえ吸収させることができれば、
また花が元気な状態に戻るというわけです。

 

 

この湯あげという方法は
花を取り扱っている場所の多くが行っている方法です。

 

 

やり方もとても簡単なので、
贈り物などで茎の部分で切られた花を貰った時にはぜひ実践してみてください。

 

 

花に元気がなくなるのを防ぐ方法

育てている花に元気がなくなった時の対処法

 

 

花に元気がなくなるのを防ぐことができれば、
元気がなくなった時のことを心配する必要もなくなります。

 

 

では、どのような方法
花に元気がなくなるのを防ぐことが出来るのでしょうか。

まず、重要なのがです。

 

 

切られた花であっても、植えられた花であっても
がとても重要な役割を果たします。

 

 

切られた花の場合には水をこまめに交換する、
適切な量の水を用意するということが花の元気を保つうえで重要になってきます。

 

 

植えられた花の場合も適切に水を与える
水が全くない状態を作らないということが重要です。

 

 

このように、花の状態がどのようになっていたとしてもに気を付けなければ、
花の元気を保つことができません。

 

 

を与えすぎても、を与えるが少なすぎても花は元気がなくなり、
その状態が続いてしまうと最終的に花は枯れてしまいます。

なので、花を育てる時には水の状態をしっかりと見極めるようにしましょう。

 

 

育てている花に元気がなくなった時の対処法のまとめ

今回は花に元気がなくなってしまう原因
その対処法について説明をしました。

 

 

花といっても色々な種類があり、
植えられている状態の花なのか、
それとも切られた状態の花なのかということでもある程度の違いはあります。

 

 

ですが、どのような状態の花であっても適切に育てなければ
花の元気はなくなっていき、そのまま枯れていってしまいます。

 

 

花の元気がなくなった時の対処法について説明をしましたが、
花の元気がなくならないように注意をすることで、
花の寿命自体も延び、花の元気がなくなった時の対処法
わざわざ行う必要もなくなります。

 

 

なので、花の元気がなくなる前に適切な栽培方法
きちんと探しながら元気がなくならないように育てるようにするのが
最も良いのではないでしょうか。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円今だけの期間限定で250円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク