記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

お見舞いにピッタリのお花は何?お見舞いのマナーも合わせてご紹介!

もしも、家族や友達が怪我や病気で入院してしまった時、
あなたはどんなお見舞い品を持って行きますか?

 

 

私は、入院してしまった人の心が少しでも明るい気持ちになれるようなお花
お見舞い品として持って行きたいと考えています。

 

 

しかし、ここで疑問になるのが、
お見舞いにピッタリのお花って何なのでしょうか?

 

 

また、お見舞いに相応しくないお花は何なのか?

意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、お見舞いにピッタリのお花をご紹介すると同時に、
お見舞いに絶対NGなお花とお見舞いに関するマナーについても
詳しくご紹介していこうと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

 

お見舞いにピッタリのお花は?

お見舞いにピッタリのお花は何?お見舞いのマナーも合わせてご紹介!

 

 

それでは、お見舞いにピッタリのお花をご紹介します。

しかしまず最初に、あなたがお見舞いに行く病院が、
お花の持ち込みOKかどうかを必ず確認して下さい!

 

 

病院によっては、生花の持ち込み禁止の病院もあるので、
お見舞いに行く前に必ずお花も持ち込みがOKか確認しましょう。

 

 

また、生花がNGの場合でも、
プリザーブドフラワーならOKの場合もありますので、
病院に合わせて臨機応変に対応しましょう!

 

 

お見舞いに行く病院に確認は取れましたか?

では、改めてお見舞いにピッタリのお花をご紹介しますね!

 

 

・ガーベラ

花びらが大きくて華やかな印象のガーベラは、
お見舞いにピッタリのお花です!

 

 

ガーベラの花言葉は「希望」、
入院している方を元気付ける意味が込められています。

 

 

お見舞いには、
オレンジ色黄色のビタミンカラーのガーベラがオススメです。

 

 

・キキョウ

ガーベラと同様の花言葉を持つのが、トルコキキョウです。

トルコキキョウも、お見舞いにピッタリのお花なのです。

 

 

入院している方が少しでも明るい気分になるような、
トルコキキョウのアレンジメントをお花屋さんで頼みましょう!

 

 

・カーネーション

母の日のイメージが強いカーネーションですが、
実はお見舞いにもピッタリなのです。

カーネーションの花言葉は「深愛」「無垢な愛」です。

 

 

お見舞いなので赤色のカーネーションは避けて、
ピンク色のカーネーションのアレンジメントを愛を込めて渡しましょう!

 

 

・季節感のあるお花

上記のお花以外でお見舞いのお花を選びたいと思う方は、
その時の季節のお花を選んでアレンジメントしたものを渡すといいですね!

 

 

病室から外へ出歩けない人や長期的に入院している方に、
少しでも季節感を感じてもらえるようなお花を選びましょう!

 

 

逆にお見舞いに絶対NGなお花は?

お見舞いにピッタリのお花は上記の通りですが、
基本的に入院している方の好きなお花
縁起が悪いとされているお花以外を渡す分には問題はありません!

なので、今度は絶対にお見舞いにNGのお花をリサーチしておきましょう!

 

 

・真っ赤な花、真っ白な花

お見舞いにふさわしくない花の色が、赤色白色です。

 

 

差し色で入れる分には問題ないですが、
赤一色白一色の花束は縁起が悪いとされています。

 

 

赤色は、血液をイメージしてしまうためNG

白色は、葬式をイメージしてしまうためNGです。

 

 

・鉢植えのお花

鉢植えのお花は、「根がつく」が「寝付く」と同じ発音のため、
縁起が悪いとされています。

 

 

入院している方も気にされる人が多いと思うので、
お見舞いで鉢植えのお花やめておきましょう!

 

 

・シクラメン

シクラメンは、「」や「」を連想される語呂のお花なので、
お見舞いには相応しくないとされています。

 

 

入院している方が凄くシクラメンが好きな場合以外は、
お見舞い品に選ばない方がいいでしょう

 

 

・百合

百合以外にも、
匂いがきついお花はお見舞い品に相応しくありません。

 

 

病室に花の香りが充満してしまうと他の入院患者の方にも迷惑がかかりますので、
お見舞いの際はお花の香りには気をつけて選びましょう!

 

 

・椿

椿以外にも、花が首から落ちるお花縁起が悪いとされているので、
お見舞い品には選ばないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お見舞いでお花を持ち込む際のマナー

お見舞いにピッタリのお花は何?お見舞いのマナーも合わせてご紹介!

 

 

最後に、お見舞いでお花を持ち込む際のマナーについてご説明します。

最初に軽く触れましたが、
最近の病院では生花の持ち込みが禁止されている所も多いです。

 

 

理由は、生花が原因の感染症クリスを軽減するためです。

感染症の原因となる緑膿菌は、健康な人には危険性がほとんどありませんが、
入院している人は抵抗力が低くなっているため、
緑膿菌による感染症危険性が非常に高くなります。

 

 

仮に、生花の持ち込みがOKな場合でも、
花瓶が必要なものは絶対やめましょう!

 

 

水替えの手間がかかりますし、
花瓶が必要なお花は細菌繁殖がしやすいこともあり、
感染症の危険性を高めてしまうので気をつけましょう!

 

 

他にも、お見舞いでお花を持ち込む際は、
お見舞いに行くタイミングに気をつけましょう!

 

 

入院している方の病状が落ち着いた頃が一番ベストのタイミングです。

お花を持って行くことも、事前に伝えておくとなお良いです。

 

 

入院している方の負担にならないように、
気遣う心を持ちましょうね!

 

 

お見舞いにピッタリのお花NGお花
お見舞いのマナーについてご紹介しましたが、一番大切なことは、
入院している方の手間や負担が増えないように気遣いする気持ちですね!

 

 

お花の世話が必要ないアレンジメントプリザーブドフラワーを選び、
入院している方が一日も早く元気になれるように、
気持ちを込めて選んだお花をお見舞いに持って行きましょう! 

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク