記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

病院のお見舞いの花は何がいいの?おすすめの花とその理由

自分にとって大切な人が入院してしまった時にはお見舞いに行くものですが、
お見舞いの時に持っていくにもおすすめのものと
お見舞いには向いていないものがあります。

 

 

これらの違いはなんなのでしょうか。

今回はこのようなお見舞いにおすすめの花について説明をしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お見舞いにおすすめの花とは

病院のお見舞いの花は何がいいの?おすすめの花とその理由

 

 

お見舞いの花なんてなんでもいいじゃないかと
考えている人も多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、お見舞いに持っていく花を間違えてしまう
相手にとても失礼になってしまうこともあります。

 

 

では、どのような花がお見舞いに向いているのでしょうか。

もちろん、最初に花を選ぶ際に考えることとして
相手がどのような花が好みなのかということが重要になってきます。

 

 

やはり、相手からしても
自分の好きな花を贈ってくれた方が嬉しいです。

 

 

そして、相手の好みに合わせた花を選びつつ、
色合いなどについて考えていく必要があります。

 

 

お見舞いの花の色はできるだけ明るい色の方が良いとされています。

なぜなら、病院内や病室は基本的に白色しか使われていないため、
病院に入院している人にとっては寂しく感じてしまうこともあります。

 

 

そのような時に色が暗い花を贈られても
あまり明るい気持ちにはなれませんよね。

 

 

花言葉も合わせて、赤やオレンジ、ピンク
といった色の花を贈るのが定番となっています。

 

 

そして、次に重要になってくるのが花の大きさです。

花が大きすぎてしまうと飾るところもなくなってしまいますし、
あとあと邪魔になってしまいます。

 

 

また、落下した花びらなどを掃除するのが手間となってしまうので、
あまり大きな花を持っていかないようにしましょう。

 

 

花びらが落ちにくい花生花ではない
ブリザードフラワーと呼ばれる花を持っていくと、
相手にとっても使い勝手が良く便利となっています。

 

 

お見舞いには向いていない花

これまで、お見舞いにおすすめの花について説明をしてきましたが、
では逆にお見舞いに向いていない花にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

まず、花言葉がマイナスの感情の花
お見舞いには向いていないでしょう。

 

 

悲しみや怒り別れなどの意味の花言葉を持っている花は
お見舞いの際には持っていかないようにしましょう。

 

 

また、などもあまりお見舞いには
向いていない花であるということができます。

 

 

なぜなら、日本では菊はお葬式
仏壇などで使用される花であるという認識があるため、
もらった相手もあまりいい気がしないでしょう。

 

 

他にも花瓶別途用意しなければならないような
花もあまりおすすめできません。

 

 

花瓶は大きさが大きいため邪魔になってしまうことがありますし、
落として割ってしまうリスクもある為、
花瓶が必要になる花はお見舞いでは控えていた方が良いでしょう。

 

 

このように、花であってもお見舞いに向いている花
向いていない花があるということをしっかりと知っておくようにしましょう。

 

 

お見舞いに花を持っていくときの注意点

病院のお見舞いの花は何がいいの?おすすめの花とその理由

 

 

お見舞いに花を持っていくときには
どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

 

 

花を持っていくときには花の匂い
あまり強くないものを選ぶようにしましょう。

 

 

病院などでは換気をなかなかできないため、
においがこもった状態が続いてしまい、
相手にとっては少し不快になってしまうかもしれません。

 

 

また、病院によってはそもそもお見舞いの品に
花を持っていくこと自体が禁止されている場合があります。

 

 

なぜ、病院が花を禁止している場合があるかというと、
病院にいる患者さんの中には花や花粉などに
アレルギーを持っている方がいらっしゃいます。

 

 

花に何らかのが付着してしまっている場合には
感染症のリスクも出てしまうので、病院側で花をお見舞いの品として
持ってこないようにという注意書きがあることがあります。

 

 

花を持っていくときには病院に行く前に花を持って行っても
良い病院なのかということを確認しておくようにしましょう。

 

 

他にも相手が検査入院などで短期間しか入院しない時には
お見舞いに花を持っていくのは控えた方がいいです

 

 

すぐに退院してしまうので、花を持っていくと
邪魔になる可能性がありますし、相手によっては重い病気だと
勘違いしていると不快に思ってしまうこともあります。

 

 

なので、短期入院の時には
花を持っていくことを控えるようにしましょう。

 

 

以上のようにお見舞いといっても
花を持っていかない方がいいことがある場合があります。

 

 

なので、お見舞いをする前には
必ず確認をしておくようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

病院のお見舞いの花についてのまとめ

誰しも病院にお見舞いに行く機会がある可能性があります。

そのような時にお見舞いの品として
間違えた花を選んでしまうことがないように気を付けなければなりません。

 

 

きちんと相手のことを考えて、お見舞いに正しい花を持っていくことで
必ず相手は喜んでくれるはずです。

 

 

なので、どのようなお見舞いに向いているのか
ということはしっかりと覚えておくようにしましょう。

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク