記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

薬になる花にはどんな花があるの?

花といえば昔からとして用いられてきた植物となっています。

花の中には口にすると体にとなってしまう物もありますが、
体の調子を整える効果のあるもあります。

 

 

今回はこのような花の効果の中でも
身体に良い影響を与えるについて紹介をしていきたいと思います。

 

 

薬として用いられている花①

薬になる花にはどんな花があるの?

 

 

では、薬として用いられている花には
どのようながあるのでしょうか。

 

 

薬として用いられている花で一番有名なのが
クズではないでしょうか。

 

 

クズ秋の七草にも数えられており、
葛根湯の原料にもなっています。

風邪肩こりを治すために用いられることがあります。

 

 

二日酔いにも効果があるため、
幅広く用いられてきた花となっています。

 

 

また、ハスの花も薬として利用されることがあります。

ハスは水の中から花や葉っぱが出ている少し変わった植物です。

ハスには下痢止めの作用利尿作用があります。

 

 

ハスには下にレンコンもできるため、
レンコンは食用として用いられます。

 

 

他にもドクダミという花も
として用いられることがあります。

 

 

ドクダミは日本だけでなく、
アジア地方の全域にかけて自生をしている花です。

 

 

ドクダミは服用すると利尿作用血管の補強効果がありますが、
お風呂などに入れて使用すると冷え症の改善
化膿改善の薬としても使うことが出来るようになっています。

 

 

キキョウの根っこにも薬としての効果があります。

キキョウは古くから日本にある花で有名な物語にも多く出てきます。

 

 

キキョウの根っこには生薬として飲むことで
喉の痛みを改善する効果があり、漢方として用いると
扁桃腺炎の改善などの効果があります。

 

 

薬として用いられている花②

これまでは、として用いられていることが
多くの人に知られていて有名な花を紹介していきました。

 

 

次は薬として用いられていることが
あまり知られていない花を紹介していきます。

 

 

その一つがキクです。

キクが食用として用いられることがあるということを
知っている人はいるかもしれませんが、キクとして
用いられているということを知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

 

キクは薬として使用すると
解熱作用鎮痛作用があります。

 

 

トウガラシ薬用として使用されていることが
あまり知られていない花の1つです。

トウガラシはとても辛い食べ物として有名です。

 

 

日本にもさまざまな種類のトウガラシがあり、
いろいろな場面でトウガラシを見たり食べたりしたことがあると思います。

 

 

トウガラシを薬として利用すると、
整腸効果育毛効果があります。

 

 

日本にはジャノヒゲという花があり、
このジャノヒゲも薬として用いられることがあります。

 

 

ジャノヒゲは日本だけでなく中国ヒマラヤ地方にも自生しています。

ジャノヒゲを日干しして用いると滋養強壮咳止めの効果があります。

 

 

昔から漢方として
色々な場面で用いられてきた花となっています。

 

 

ここまで色々なを紹介していきましたが、
ここで紹介した花はとして用いられている花のほんの一部でしかありません。

日本の中だけでも他にもたくさんの花がとして用いられています。

 

 

気を付けなければならない花

薬になる花にはどんな花があるの?

 

 

花の中には薬として用いることもできるけれど、
気を付けなければならない花もあります。

 

 

その代表がヤマトリカブトです。

ヤマトリカブトは根っこには滋養強壮、鎮痛の効果があり、
漢方として用いられることもありますが、
他の部分にはすべてにがあります。

 

 

このヤマトリカブトの毒は毒性が強く
知識がない人が触るのはとても危険になっています。

 

 

なので、ヤマトリカブトに薬としての効果があるからといって
安易に触れないようにしなければなりません。

 

 

このように薬として用いられているにも関わらず、
毒性を持っている花というのがいくつかあります。

 

 

たいていの薬草にははありませんが、このように
一部の花には毒があるので薬草だからといってなんでも手に取るのではなく、
きちんとそれぞれの花ごとにはあるのか、知識がない人でも薬用として用いるのに
問題はないのかということをしっかり調べる必要があります。

 

 

この確認を怠ってしまうと、
取り返しのつかないことになってしまう場合もあるので、
薬草採取をするさいには注意をするようにしましょう。

 

 

薬になる花のまとめ

今回はとして用いられることがあるについて紹介していきました。

として用いられることがある花の中には知っている花もあれば、
として用いられていることを知らなかった花もあるのではないでしょうか。

 

 

花の中にはとして用いられるだけでなく、
食用として用いられることがある花や花の中にがあるものもあります。

 

 

のことを調べれば調べるほど
新しいことがわかってとても楽しいですよね。

 

 

花を観賞用としてではなく、食用や薬用として用いるために
育てている人も少なくありません。

 

 

このように最近では観賞用以外の花の栽培も多くなってきています。

自分が好きな用途でを育てることが出来るのは
とても楽しいことだと思います。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円今だけの期間限定で250円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク