記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

食べられる花があるって本当?食べられる花一覧

花の中でもいくつかの種類の花は
食べることが出来るようになっています。

 

 

調理方法食べ方に違いがある場合がありますが、
食べることが出来る花の種類は結構な数あります。

 

 

今回はこのような食べられる花について、
どの花が食べることが出来るのかということを紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

食べることができる花

食べられる花があるって本当?食べられる花一覧

 

 

食材として用いられる花をエディブルフラワーと呼びます。

エディブルフラワーは大きく分けて、
野菜として食べられるものとハーブなどのように
香りを楽しむために食べられる花の二つに分かれます。

 

 

では、どのような花が野菜として食べられるのでしょうか。

食べられる花として良く知られているのが桜です。

 

 

桜の花はお菓子などに用いられることもあります。

中には塩漬けにして食べる地域もあります。

 

 

他にもズッキーニも食べることが出来る花の1つとなっています。

ズッキーニは様々な料理に用いられることがありますが、
一番多く用いられることがあるのが天ぷらではないでしょうか。

 

 

パンジーも花の中では
食べることが出来る花に分類されます。

 

 

パンジーは直接食べるというよりは、
サラダなどのとして用いられることが多くなっています。

 

 

もちろん、直接食べることもできる花となっています。

これら以外にも、キクも食べることができます。

 

 

ですが、キクの場合は通常の観賞用のキクを食べるというよりは
食用に品種改良された食菊があるので、
そちらを食べるのが一般的になっています。

 

 

これらの花以外にも
たくさんの花が食用として用いられることがあります。

 

 

極端に言ってしまえば、食べると体にとなってしまう花以外は
食べようと思えば食べることができますが、
基本的には食用としてきちんと栽培されたものを食べる必要があります。

 

 

香りづけに用いられる花

香りづけに用いられるのは、ほとんどがハーブです。

では、ハーブの中にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

やはり、ハーブとして用いられている花の代表ともいえるのは
ローズマリーではないでしょうか。

 

 

ローズマリーは暑さ乾燥に強いため、
とても育てやすい花となっています。

 

 

また、ローズマリーの香りはとても強いため、
虫よけの効果もあるとされています。

 

 

もちろん、ハーブとしての効能もきちんとあるので、
とても有能な花であるということができます。

 

 

次に思い浮かべるのはミントではないでしょうか。

ミントは紅茶に入れることでミントティーになりますし、
他の食べ物に添えることで、彩りを加えることもできます。

 

 

そのさわやかな味はストレスを和らげる効果もあるとされており、
いろいろな場面で役立つ植物となっています。

 

 

こちらのミントも比較的に栽培が簡単な部類になります。

他にもバジルというハーブもあります。

 

 

バジルはイタリア料理に使われることが多いハーブとなっています。

イタリア料理だけでなく、様々なジャンルの料理に
使用することが出来る万能なハーブとなっています。

 

 

バジルを栽培する際には食害に気を付ける必要がありますが、
栽培すること自体はとても簡単な植物となっています。

 

 

こちらのバジル虫よけ効果もあるため、
家の窓際に置くことで虫よけをするとともに
バッタなどの昆虫からの食害を避けることもできるようになっています。

 

 

花を食べるうえで気を付けたいこと

食べられる花があるって本当?食べられる花一覧

 

 

まず、花を食べるうえで気を付けなければならないことがあります。

それは食用の花観賞用に栽培している花は違うということを
しっかりと認識することです。

食用の花は、最初から食用として栽培されていたものです。

 

 

そのため、育てる時に人体に影響を及ぼすような肥料
農薬を使用していません。

 

 

それに対して、観賞用の花は花を育てることが目的の為、
人体への影響などは問題としていません。

 

 

なので、花を育てるためにたくさんの農薬肥料を用いています。

そうすると、食用の花を食べる時には問題はなかったとしても、
観賞用に育てられた花を食べてしまうと
体に影響が出てしまう可能性があります。

 

 

ですので、観賞用に育てられた花を
むやみに食べないようにしなければなりません。

 

 

食べる時にはきちんと食用として育てられて、
食用としての調理が行われたものを食べるようにしましょう。

 

 

もしも、自分で食用の花を育てようと考えている場合には、
食用の花の育て方と観賞用の花の育て方とでは
様々な点が異なるということをしっかりと覚えておくようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

食べられる花のまとめ

今回は食べることが出来る花について紹介をしていきました。

これまでに食べたことがある花も食べられることを
知らなかった花もあったのではないでしょうか。

 

 

花には観賞用として見て美しいと感じる楽しみ方の他にも、
このように食べることで花の魅力を知るという楽しみ方もあります。

 

 

こうしてみると、花の楽しみ方は多岐にわたり、
人によって花の楽しみ方もそれぞれということがわかりますね。

 

 

花の育て方には観賞用の花を育てるという選択肢以外にも
食用の花を育てるという選択肢もあるので、
考慮してもいいかもしれません。

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク