記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違い~メリット・デメリット

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月14日17:00~9月19日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月19日16:59まで)はこちら

 

 

あなたは、ドライフラワープリザーブドフラワー違いについて
どれくらいご存知でしょうか?

お花を部屋に飾りたい時や、お花のプレゼントを贈りたい時
生花では少し都合が悪い、というケースも多いですよね。

そんな時の解決法として、すぐに思い浮かぶものの代表でもあるのが
ドライフラワーとプリザーブドフラワー!

 

 

ですが、これらドライフラワーとプリザーブドフラワーの
明確な違いとは、そもそも一体何があるのか―
意外にはっきりとした違いを知らない人も少なくありません。

今回は、そんなドライフラワーとプリザーブドフラワー
気になる違いについて、ご紹介していきます!

ドライフラワーとプリザーブドフラワー
それぞれのメリットとデメリットについても、詳しく紐解いていくので
ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

 

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違いとは?

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違い~メリット・デメリット

 

 

初めに、ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違いについて
その特徴を詳しくご紹介していくのですが、その前に
両者の簡単な共通点を、押さえておきましょう!

そもそもの大前提として、プリザーブドフラワー
ドライフラワーの一種という扱いで、どちらもお花の水分を減らし
長持ちさせる効果があることが共通点になっています。

そのことを踏まえた上で、ドライフラワーとプリザーブドフラワーの
気になる違いをご紹介していきます。

 

 

作成方法

ドライフラワーもプリザーブドフラワーも
完成する為にお花を乾燥させる、という点は共通していますが
そこに至るまでの作成方法が、大きく異なります

 

 

ドライフラワーは、シリカゲルを使って作る方法と
風通しの良い日陰に、お花を吊るして作る方法の
2つの主な作成方法が存在します。

基本的に、ただ乾燥させるだけで作成できるので
比較的簡単に作れることに加え、費用もかからない点が
人気のポイントであると言えます!

 

 

一方のプリザーブドフラワーは、専用の液で
脱水・脱色を行い、さらにお花を着色し
最後に乾燥させて、ようやく完成に至ります。

ドライフラワーに比べると、準備するものや作業が多く
費用もかかるため、簡単に作ることが難しくなります

プリザーブドフラワーは手間をかける分、生花に近い手触りのまま
お花を長く保存できるのみならず、脱色してから着色を行うので
花色が鮮やかで見栄えが良いのもポイントであると言えます。

 

 

寿命

ドライフラワーとプリザーブドフラワーは
どちらもお花の寿命を長くするための手段ですが
実はこの寿命にも大きな差が存在します。

 

 

・ドライフラワーの場合
寿命は、大体3ヶ月~半年が目安とみなされており
半年まで持つものは長寿であるとされています。

・プリザーブドフラワーの場合
正しく保存できれば、1年~5年程の寿命が一般的であり
湿気や直射日光に気をつけることが、長寿にさせるポイントです。

 

 

加工できる花の種類

ドライフラワーとプリザーブドフラワーには
それぞれ、お花の向き不向きを持っているのも特徴の1つ。

 

 

ドライフラワーは、根本的な水分量が分かれ目になりやすく
水分の多いお花や、花びらが薄いお花は不向きになります。

一方のプリザーブドフラワーもまた、ドライフラワー同様
花びらが薄いお花は不向きであると言えます。

 

 

また、花びらが外れやすいお花や、形が保ちにくいお花も
プリザーブドフラワーには不向きになりやすいので
形がしっかりしている種類の花を選ぶのが、上手に作成するポイント!

薔薇やカーネーションは、プリザーブドフラワーに適しており
これらの花々はまた、花言葉の意味も良く
非常にギフト向きのお花になっています。

 

 

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの主な違い
以上の通りになります。

これらの特徴を踏まえて、次はドライフラワーとプリザーブドフラワーの
それぞれのメリットとデメリットをまとめていきましょう!

 

 

ドライフラワーのメリット・デメリット

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違い~メリット・デメリット

 

 

まずは、ドライフラワーのメリットについて
その次に、デメリットについて、それぞれご紹介します。

両者のポイントを押さえて、ぜひあなたも
ドライフラワー作りにチャレンジしてみましょう!

 

 

ドライフラワーのメリット

①誰でも簡単に作成できる
②費用がほとんどかからない
③アンティーク調のインテリアに似合う

 

 

ドライフラワーのデメリット

①日が経つごとに花びらや葉が落ちやすくなり、手入れが大変
②お花本来のの鮮やかさが失われる

 

 

ドライフラワーのメリットとデメリットは
このようにまとめることができました。

ドライフラワーは、誰でも簡単に作成できるので
お花を貰って飾った後は、すぐにお花を捨てず、ドライフラワーにして
ぜひ新たなインテリアとして、楽しんでみましょう!

 

 

プリザーブドフラワーのメリット・デメリット

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違い~メリット・デメリット

 

 

同じく、プリザーブドフラワーのメリットとデメリットも
こちらでご紹介していきましょう。

本格派の加工作品を通して、花の魅力をより体感できる
素敵なものづくりのヒントにしてみてくださいね!

 

 

プリザーブドフラワーのメリット

①脱色してから着色するので、鮮やかな花色に着色できる
②ドライフラワーより寿命が長く、1~5年ほど長期的に保存可能
③生花と見間違えるほどの瑞々しさと柔らかさがある

 

 

プリザーブドフラワーのデメリット

①専用の液を使うので、費用がかかる
②誰でも簡単に作成するのが難しい

 

 

プリザーブドフラワーのメリットとデメリットは
このようにまとめることができました。

プリザーブドフラワーは、作るのに手間がかかる分、1度作成できれば
お手入れの必要もほとんどなく、生花に引けを取らない美しさを
比較的長く楽しめるので、贈り物にピッタリな形であると言えます!

 

 

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違いを知ろう!

ドライフラワーとプリザーブドフラワー違い
それぞれのメリット・デメリットについてご紹介してきましたが
少しでも、今後の参考にしたくなる内容は見つけられましたでしょうか?

改めて、両者を比較すると、その実際が
大いに違うものであることが、よく分かりますよね。

 

 

手軽に作れるドライフラワーと
ギフトにピッタリなプリザーブドフラワー―

どちらにも、それぞれのメリットがあるので、それらを上手に利用して
ぜひあなたも、ドライフラワーとプリザーブドフラワー
作ったり飾ったり、あるいは贈ったりして、楽しんでみましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月14日17:00~9月19日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月19日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク