記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

かすみ草(カスミソウ)ってどんな花?気になる花言葉やその由来もご紹介!

あなたはかすみ草(カスミソウ)という花をご存知ですか?

花名を聞いて、ピンと来ない方もいるかもしれませんが、実はかすみ草(カスミソウ)はとても身近で、
誰もが一度は見たことがある花です!
 

かすみ草(カスミソウ) 花言葉

 

 

花束をプレゼントする際は、必ずと言っていいほどかすみ草(カスミソウ)が入っています。

今回は、そんなかすみ草(カスミソウ)とはどんな花なのか、
かすみ草(カスミソウ)につけられている花言葉とはどのような言葉がついているのか、
その由来についても合わせて紹介させて頂きます!

 

 

かすみ草(カスミソウ)ってどんな花?

かすみ草(カスミソウ)は、花束のプレゼントには常連の花です!

白い小さな花が沢山ついており、花束にかすみ草(カスミソウ)を入れるだけでとても華やかに演出してくれる花です。

 

 

かすみ草(カスミソウ)は、ナデシコ科の植物で、
花束の他にも仏花用や結婚式の会場等でも良く目にする花です。

原産地はイラン北部などの高緯度地方とされています。

耐寒性・半耐寒性の一年草で、花の色は主に白いかすみ草(カスミソウ)が一般的に出回っています。

 

 

開花時期は5月~7月と言われており、最盛期は6月です。

およそ、4日~7日程花持ちすると言われているので、贈り物でも頂き物でも、
大体1週間はその華やかな花束を楽しむ事が出来ます

 

 

かすみ草(カスミソウ)の花姿は、白い小さな花が細かく分かれている枝先に沢山ついており、
花束の中に一緒にかすみ草(カスミソウ)を少し添えるだけで、
一緒に入っている周りの花をより一層引き立たせてくれる、花束にはピッタリの花
です。

 

 

かすみ草(カスミソウ)とはどのような花なのか、知って頂けましたでしょうか?

次は、かすみ草(カスミソウ)につけられている花言葉についてもご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

かすみ草(カスミソウ)につけられている花言葉とは?

かすみ草(カスミソウ) 花言葉

 

 

かすみ草(カスミソウ)にも、他の花と同様花言葉がつけられています。

かすみ草(カスミソウ)全般につけられている花言葉は、
「清らかな心」「無邪気」「親切」「感謝」です。

 

 

そして、かすみ草(カスミソウ)の中でもピンクのかすみ草(カスミソウ)につけられている花言葉が、

「切なる願い」です。

色によってもついている花言葉が少し違っています

 

 

続いては、そんなかすみ草(カスミソウ)につけられている
花言葉の由来についてもご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

かすみ草(カスミソウ)の花言葉の由来

かすみ草(カスミソウ)全般についている花言葉、こちらは4つありましたよね

それぞれの花言葉に由来があるとされています。

 

 

まずは「清らかな心」

この花言葉は、真っ白な花をたくさん咲かせ、
清純という言葉がピッタリなかすみ草(カスミソウ)の花姿が由来
とされています。

やはり、白い花は清純なイメージを持ちますよね!

 

 

続いて「無邪気」という花言葉。

こちらは、かすみ草(カスミソウ)の英語名が由来です。

 

 

かすみ草(カスミソウ)の英語名の意味は「赤ちゃんの吐息」という意味となっております。

その英語名から、無垢な赤ちゃんをイメージされる所が由来とされています。

 

 

次に、「親切」という花言葉。

この花言葉もかすみ草(カスミソウ)の花姿が由来とされています。

ふんわりと小さな白い花を咲かせるその花姿が、
主張しすぎない穏やかな印象が由来
と言われています。

 

 

最後は「感謝」

この花言葉は、かすみ草(カスミソウ)が感謝の気持ちを、
相手に伝える手段として花束に使われる事から、
この花言葉がつけられたと言われています。

 

 

また、花名にも由来があるとされています。

小さな花が沢山咲く様子を「春霞(はるがすみ)」に例えたもの、とされています。

 

 

余談ですが、先ほど花言葉の由来の中でも少しお話しさせて頂きましたが、
かすみ草(カスミソウ)の英名は赤ちゃんの吐息、
の意味の「Baby’s Breath」と言われています。

 

 

かすみ草(カスミソウ)のまとめ

かすみ草(カスミソウ) 花言葉

 

 

今回は、かすみ草(カスミソウ)について紹介させて頂きました。

かすみ草(カスミソウ)について少しは知って頂けたでしょうか?

 

 

かすみ草(カスミソウ)は、花束のプレゼンでとても有名な花ですが、
花壇などで育てる事も出来る品種です。

自分で育てる場合は、少し注意点があります。

 

 

あまりにも暑すぎて高温になると、枯れてしまいやすい植物です。

真夏の間は、直射日光を避けなければならないので、
鉢に植えて育てる場合は日陰を選んで育てるのがよいでしょう

 

 

また、花壇で育てる場合は直射日光を避けなければならないので
日光を遮断するネット等をかすみ草(カスミソウ)の花壇に設置してあげると
うまく育てる事が出来るでしょう!

 

 

さらに、湿気もかすみ草の成長の妨げになってしまうので
水はけが良い、風通しの良い所
で育ててあげるのがポイントです!

最後に、かすみ草(カスミソウ)について簡単にですが、まとめさせて頂きますね!

 

 

・かすみ草(カスミソウ)は花束のプレゼントの常連!

・ナデシコ科の植物

・原産地はイラン北部などの高緯度地方

 

 

・耐寒性・半耐寒性の一年草で

・花色は主に白が出回っていて有名

・開花時期は5月~7月、最盛期は6月です

 

 

・花持ち期4日~一週間程度

・小さな白い花が、色んな方向に分かれた枝先にたくさん咲く

・花言葉は、「清らかな心」「無邪気」「親切」「感謝」

 

 

・花言葉の由来は、主張しすぎないその清純なイメージの花姿や、
感謝を伝える時の花束に多く使われている事が由来とされているかすみ草(カスミソウ)は、
  花束で他の花を際立たせる為の花のイメージが強いかもしれません。

 

 

でも、そんなかすみ草(カスミソウ)を主役にした花束を、
あなたが感謝を伝えたい方や大切な方へプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

花言葉も一緒に添えて贈れば、相手の方も喜んで受け取ってくれるはずです!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円今だけの期間限定で250円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク