記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

アネモネの花ってどんな花?花言葉やその由来についてもご紹介!

あなたはアネモネの花、という名前を聞いて、どんな花姿をしているかご存知ですか?

アネモネ、という名前は聞いたことがある人もいるかもしれませんが、どんな花姿かを答える事が出来る方は、
お花に詳しい方なのではないかな?と思います。

今回は、そんなアネモネという花についてのご紹介です。
 

アネモネ 花言葉

 

 

また、アネモネにも花言葉がついており、花の色によっても違う花言葉がつけられています。

花言葉や、その由来についてもご紹介させて頂きますね!

 

 

アネモネの花とは?

アネモネは、キンポウゲ科のイチリンソウ属に属している花で、和名がアネモネ
別名はボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)、
ベニバナオキナグサ(紅花翁草)
ともいわれています。

原産地は、地中海沿岸で、開花時期は3月から5月とされています。

 

 

花持ち期間は4日~5日間程度と言われています。

ちなみに、誕生花は、1月22日・3月12日・3月13日・4月2日(白)・4月4日(赤)・4月6日
とされています。

アネモネの花は、一重咲きのものから八重咲きのもの、花色に関しても桃色や青、赤、白など様々です。

 

 

そして、その優雅に咲く花姿からは少し想像がつきませんが、毒性も持っている花です。

プロトアネモニンを含むので、茎を折った時に出る汁に触ってしまうと、
皮膚炎水泡を引き起こすことがあるので、園芸の時には特に注意が必要となります。

 

 

また、アネモネの花には、他の花と同様に花言葉もついています。

色によっても違う花言葉がついているので、合わせて紹介させて頂きます。

 

 

アネモネの花言葉

アネモネ 花言葉

 

 

アネモネ全般の花言葉は、
「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」という花言葉があります。

 

 

また、赤いアネモネの花言葉は、「君を愛す」 、白いアネモネには「真実」「期待」「希望」
紫のアネモネには「あなたを信じて待つ」という花言葉があります。

 

 

なんだか、花言葉を聞いただけで少し心が切ない気持ちになりそうですね。

そんなアネモネの花言葉の由来とはどこからきているのか、次に紹介させて頂くのは、花言葉の由来です。

 

 

アネモネの花言葉の由来

実はアネモネは、ヨーロッパでは古くから美しさとはかなさの象徴とされている花です。

なので、花言葉も悲しげなものがつけられているといわれています。

 

 

アネモネの花言葉も、その花姿が由来とされているのです。

また、ギリシア神話にも登場する花です。

 

 

愛の矢で誤って傷ついた愛と美の女神アプロディーテーは、その矢の力によって、
美少年アドニスを愛すようになります

しかし、アドニスは狩りで猪に殺されてしまい、その流れた血からアネモネの花が生まれたといいます。

 

 

ギリシア神話にも登場し、その中でも儚い愛の象徴とされているアネモネ。

今までアネモネの花を見た事がある方も、この神話を聞いた後にアネモネを見ると、
少し今までとは違う印象になるのではないでしょうか?

 

 

アネモネまとめ

アネモネ 花言葉

 

 

今回は、知ってそうであまり見たことが無い方も多いであろう、アネモネの花のご紹介でした。

合わせて花言葉やその由来もお話しさせて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

アネモネの花について、簡単にですがまとめさせて頂きますね。

 

 

・キンポウゲ科のイチリンソウ属に属している

・和名がアネモネ、別名はボタンイチゲ(牡丹一華)、
  ハナイチゲ(花一華)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)

・原産地は、地中海沿岸

 

 

・開花時期は3月から5月

・花持ち期間は4日~5日間程度

・誕生花は、1月22日・3月12日・3月13日・4月2日(白)・4月4日(赤)・4月6日

 

 

・一重咲きのものから八重咲きのもの、花色に関しても桃色や青、赤、白など様々

・毒性も持っているので、茎を折った時に出る汁に触ってしまうと、
  皮膚炎や水泡を引き起こすことがあるので、園芸の時には特に注意が必要

・色によって違う花言葉がついている

 

 

・アネモネ全般の花言葉は、「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」

・赤いアネモネの花言葉は、「君を愛す」

・白いアネモネには「真実」「期待」「希望」

 

 

・紫のアネモネには「あなたを信じて待つ」

・ヨーロッパでは古くから美しさとはかなさの象徴とされている花で、
  花言葉も悲しげなものがつけられており、アネモネの花姿が由来とされている

 

 

・ギリシア神話にも登場する花で、
 「愛の矢で誤って傷ついた愛と美の女神アプロディーテーは、その矢の力によって、
  美少年アドニスを愛すようになります。しかし、アドニスは狩りで猪に殺されてしまい、
  その流れた血からアネモネの花が生まれた」といわれている

 

 

以上がアネモネの花についてのご紹介でした。

ギリシア神話にも登場する、古くから有名な花だったのですね。

 

 

その花姿も、つけられている花言葉もどこか悲しくはかないですよね。

ただ、やはり綺麗な花という事には変わりはないので、結婚式のブーケや飾りに使われる事も多いです

 

 

大切な方へのプレゼント!というよりも、部屋に飾ったり庭に植えたりという事がやはりおすすめです。

観賞用にも人気があるこのアネモネの花をお手元に置いてみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円今だけの期間限定で250円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク