記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

アスチルベってどんな花?花言葉とその由来もご紹介!

アスチルベという花、あなたはご存知ですか?

アスチルベは、その花姿も他の花にはない独特な姿をしており、園芸用や観賞用でとても育てやすく、
人気のある品種です。

 

 

アスチルベという花の名前をちらっと聞いたことがある方にも、初めて聞く方にも参考にして頂けるよう、
アスチルベについて紹介させて頂きたいと思います。
 

アスチルベ 花言葉

 

 

また、アスチルベにも他の花同様花言葉がつけられています。

今回はその花言葉や、由来についても合わせて紹介させて頂きますね!

 

 

アスチルベとは?

アスチルベは、チダケサシ属の多年草植物とされています。

この中で、園芸用に改良されたものを含めて、観賞用に栽培されるものをアスチルベと呼んでいます。

 

 

原産地は、日本・中国・中央アジア・北アメリカで、開花時期は5月から9月となります。

草丈は、20cmから100cmまでに生長し、
穂のように伸びている茎の先の部分に小さな花を咲かせます。

 

 

花色も様々なものがあり、日陰にも強い事からガーデニングにもとても人気のある品種です。

花の色は、白や紫、ピンクや赤や茶色と豊富です。

 

 

アスチルベを花壇にたくさん植えてみると、他の花では表現できない魅力的な雰囲気を醸し出してくれます。

園芸品種として広く知られているのは
ほとんどがドイツで作られた「アレンジー」という品種の系統です。

 

 

その中でも、代表的な品種が「アスチルベ・アレンジー」「アスチルベ・カラーフラッシュ」
「アスチルベ・チョコレートショーグン」
です。

「アスチルベ・アレンジー」はドイツで生み出された品種で、アスチルベというと本種をの事をいいます。

 

 

「アスチルベ・カラーフラッシュ」は、芽の色が初めは緑色で、
徐々に葉の色が赤に変化していくことから、カラーリーフとしても使われており、
日陰にも強い事から、樹木の下に植えられることが多く、育てやすい品種
です。

 

 

「アスチルベ・チョコレートショーグン」は、その名で花姿を想像出来るかもしれませんが、
黒褐色の葉の色が特徴の、カラーリーフ用の品種
です。

 

 

夏の初めに綺麗なピンク色の花を咲かせます

シェードガーデンのアクセントにおすすめの品種です。

 

 

そんなアスチルベですが、花言葉もつけられているのはご存知ですか?

次は、アスチルベにつけられている花言葉のご紹介です!

 

 

アスチルベの花言葉

アスチルベ 花言葉

 

 

アスチルベにつけられている花言葉は、
「恋の訪れ」「自由」「繊細」「控えめ」という花言葉が付いています。

そして、その花言葉と、花名の由来についても少しお話しさせて頂きたいと思います!

 

 

その花言葉の由来

アスチルベの花言葉の中でも、「恋の訪れ」という花言葉。

この花言葉は、硬い茎の先端につくつぼみから、
ピンクや赤や白色の雲のようにふわっとしている花を咲かせる姿が由来
とされています。

 

 

また、「繊細」「控えめ」という花言葉に関しても、泡が立つように花が咲く姿が由来といわれています。

そして、このアスチルベという花名の由来ですが、アスチルベという学名は、
ギリシア語で「~がない」という事を意味する「a」と、
「輝き」を意味する「Stilbe」が合わさった名前で、地味という意味
となります。

 

 

アスチルベは、和名で「泡盛草」とされているのですが、
こちらの花名の由来もその花姿からきており、
泡がたくさんついたようにふわっと咲いているその姿に由来
しています。

 

 

アスチルベのまとめ

アスチルベ 花言葉

 

 

今回は、アスチルベという花について、その花言葉や花名の由来についても少しお話しさせて頂きました。

アスチルベは、プレゼントで贈る花、というよりも、
ガーデニングで楽しむ花でとても人気がある品種だと言えるでしょう。

簡単ですが、最後にアスチルベについてまとめさせて頂きますね!

 

 

・チダケサシ属の多年草植物とされている

・園芸用に改良、観賞用に栽培されているものをまとめてアスチルベと呼んでいる

・原産国は、日本・中国・中央アジア・北アメリカ

 

 

・開花時期は5月から9月

・草丈は20cm~100cm

・花姿は、穂のように伸びた茎の先に小さな花を咲かせる

 

 

・花色は、白や紫、赤やピンク、茶色など様々

・園芸品種として広く知られているのが、「アスチルベ・アレンジー」
 「アスチルベ・カラーフラッシュ」「アスチルベ・チョコレートショーグン」という品種

 

 

・アスチルベの花言葉は「恋の訪れ」「自由」「繊細」「控えめ」

・「恋の訪れ」の由来は、その花姿が由来

・「繊細」「控えめ」という花言葉の由来もまた、
  長く伸びた茎の先にふわふわの花をつけるその花姿

 

 

・アスチルベの花名の由来は、ギリシア語で「~がない」という事を意味する「a」と、
 「輝き」を意味する「Stilbe」が合わさった名前で、地味という意味

・和名の「泡盛草」の花名の由来もまたその花姿からきている

 

 

以上が、アスチルベのまとめでした。

あなたの大切な人へのプレゼントで贈るのも良いかと思いますが、
日陰に強く、雨に当たっても花が落ちてしまう事も少ない事から、
ガーデニングとしてとても人気のある花です。

 

 

先ほども少しお話ししましたが、アスチルベの花姿は他の花にはない独特な姿をしています。

花壇にアスチルベを植えるだけでとても独特で幻想的な庭を演出してくれます。

 

 

今現在、ガーデニングで作り上げたあなたの庭に、アスチルベを仲間入りさせてみてはいかかでしょうか?

また、ガーデニングで、どの花を植えるかお悩みの方にも是非参考にして頂き、
あなたのお気に入りの空間を作ってみて下さい!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円今だけの期間限定で250円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク