記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

杜若(カキツバタ)ってどんな花?花言葉とその由来も紹介!

杜若(カキツバタ)という花を、あなたは今まで見た事はありますか?

見る者の心を奪う、その綺麗な紫色の杜若(カキツバタ)は、
その昔布を染める染料としても利用されていました。
 

杜若(カキツバタ) 花言葉

 

 

今回は、そんな杜若(カキツバタ)についてご紹介させて頂きたいと思います。

そして、杜若(カキツバタ)にももちろん、他の花と同様に花言葉がついています。

花言葉やその由来、花名の由来についても合わせて紹介させて頂きますね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

杜若(カキツバタ)ってどんな花?

杜若(カキツバタ)は、アヤメ科のアヤメ属に属している花です。

5月~6月初夏頃にその綺麗な紫色の花を咲かせます。

 

 

原産地日本とされており、周辺国の中国やロシアにも分布している花です。

花色は、紫色や青紫、白い花色をしており、昔はその綺麗な花色から、
布を染め上げる染料として利用されていました。

乾燥した地域よりも、湿気の多い湿地帯生息しており、高さは30cm~90cm程に成長します。

 

 

日本国内では、その昔江戸時代の前半頃には多くの品種があったと言われており、
古典園芸植物の一つでもあります。

杜若(カキツバタ)にとても良く似た花で、アヤメやショウブという花があります。

 

 

見た目は本当にそっくりなので、見分けるのも難しいと言われていますが、
生息する場所などに少し違いがあるので、その点に注目して、杜若(カキツバタ)を見つけて下さい!

その見分け方も少し紹介させて頂きますね。

 

 

まず杜若(カキツバタ)とアヤメの見分け方です。

杜若(カキツバタ)は湿地帯に生息しているという事で、池や沼など水のある場所の近くに生息しています。

 

 

しかし、アヤメは湿地帯ではなく主に乾燥している場所に花を咲かせますので、
咲いている場所で見分ける事ができます。

 

 

また、杜若(カキツバタ)の花の付け根には、白い模様が入っていますが、
アヤメの花の付け根には網目状の模様が入っています。

花の付け根を見てみると、そこからも見分ける事が出来ます。

 

 

杜若(カキツバタ)とショウブの見分け方ですが、この二つの花は、
生息場所が同じく湿地帯と言われているので、生息している場所から判断するのは少し難しいかもしれません。

しかし、花を付け根や葉を見てみると簡単に見分ける事が出来ます。

 

 

杜若(カキツバタ)の花の付け根には、白い模様が入っている事は先ほども紹介させて頂きましたが、
ショウブの花の付け根には、白ではなく黄色の模様が入っているのです。

であれば杜若(カキツバタ)黄色であればショウブ、というように見分ける事が出来ます。

 

 

更に、杜若(カキツバタ)の葉を見てみて下さい。

葉脈がほとんど見えず、やや幅が広い葉となっていますが、対してショウブは葉の面に1本
葉の裏には2本の葉脈を確認する事が出来ます。

 

 

杜若(カキツバタ)とショウブは花の付け根と葉をみて見分けて下さい!

続いては、杜若(カキツバタ)につけられている花言葉のお話しです。

 

 

杜若(カキツバタ)の花言葉

杜若(カキツバタ) 花言葉

 

 

杜若(カキツバタ)には、
「幸福が来る」「幸せはあなたのもの」「贈り物」という花言葉がつけられています。

幸せはあなたのもの、という花言葉はとても素敵な花言葉ですよね!

こんな言葉を言われてみたいものです!

 

 

杜若(カキツバタ)は、昔から私達日本人にとても馴染みのある花です。

花言葉の由来も、昔の人が杜若(カキツバタ)をみた印象からきているものもあります。

 

 

次は花言葉の由来のご紹介です。

合わせて花名の由来についてもお話しさせて頂きます。

 

 

杜若(カキツバタ)の花言葉・花名の由来とは?

杜若(カキツバタ) 花言葉

 

 

杜若(カキツバタ)の花言葉、「幸福が来る」の由来についてのお話しです。

あなたは、日本で古くから有名な書物、万葉集はご存知ですか?

 

 

実は杜若(カキツバタ)は万葉集にも登場する、とても有名なお花です。

「住吉の 浅沢小野の かきつはた 衣に摺りつけ 着む日知らずも」という和歌があるのです。

 

 

この歌は、大好きな彼を待ちわびている女性の心の中を表現した歌であり、
待っていれば必ず幸せが来る
という願いが花言葉としてつけられました。

この和歌が、「幸福が来る」の花言葉の由来とされています。

 

 

そして、「幸せはあなたのもの」「贈り物」という花言葉。

この花言葉の由来は、杜若(カキツバタ)の花姿が由来と言われています。

 

 

杜若(カキツバタ)が紫色の綺麗な花をさかせているその花姿が、
幸福を運ぶと言われているツバメの姿に似ている事から、
「幸せはあなたのもの」「贈り物」という花言葉がついたと言われています。

また、花名の杜若(カキツバタ)の由来に関してもご紹介させて頂きます。

 

 

先ほどもご紹介させて頂きましたが、この杜若(カキツバタ)は布を染める染料として利用させていました

杜若(カキツバタ)の花の汁を布に塗り、文字を書いたりもしていた事から、
昔は「書き付け花」と呼ばれていたのです。

その「書き付け花」が「カキツバタ」へ変わっていったとされています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

杜若(カキツバタ)のまとめ

今回は、杜若(カキツバタ)という花についてお話しさせて頂きました。

杜若(カキツバタ)の花は、見る者の心を奪うほど美しい花色をしています。

 

 

杜若(カキツバタ)を大切な方へのプレゼントとして贈るのも、お部屋の中に飾ったり、
自宅の庭に杜若(カキツバタ)を仲間入りさせて、庭のイメチェンをしてみるのも良いですね!

 

 

プレゼントとして大切な方へ贈る時には、杜若(カキツバタ)にはこういう花言葉がついているの!

と、一言添えてプレゼントしてみて下さい!

「幸せはあなたのもの」と言われて、嫌な気持ちになる人はいないはずです!

 

 

もちろん、いつも頑張っている自分へのプレゼントとして購入するのも良いですね!

是非、こちらの記事を参考にしてみて下さい!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク