記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ラナンキュラスの花言葉は?由来や種類も紹介!

プレゼントにも向いている花の中にあるラナンキュラス

花言葉を気にする方もいるので、プレゼントには気を付けたいですね。

 

 

小柄なものも多いですが、
大きなもので直径15cmにもなるのラナンキュラス

いくつもの花弁が重なっているからとても綺麗です。
 

ラナンキュラス 花言葉

 

 

春に花ともされていますが、
4月~5月に咲く僅かな期間にしか咲かない花なのです。

 

 

花色にはたくさんの種類があって、
白色、ピンク色、赤色、紫色、黄色、オレンジ色などがあります。

 

 

色とりどりの花ですが、3日~1週間程度短命な花ともされいます。

そんなラナンキュラスの花言葉は?由来や伝説を紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ラナンキュラスの花言葉は?

ラナンキュラスには全体と色別に花言葉があります。

まずは全体の花言葉ですが、

「とても魅力的」「あなたは魅力に満ちている」「晴れやかな魅力」

「美しい人格」「光輝を放つ」「名誉」「名声」

 

 

などがあり「魅力」についての花言葉が多いですね。

女性なら「魅力」について聞くと嬉しくなりますよね。

ラナンキュラスには素敵な花言葉が多くあると感じました。

 

 

色別でもたくさんの花言葉があります。

白色      「純潔」 

ピンク色    「飾らない美しさ」

赤色      「あなたは魅力に満ちている」

 

 

紫色      「幸福」

黄色      「優しい心遣い」

オレンジ色  「秘密主義」

などがあり「美しさ」「魅力」などがありますね。

 

 

また「幸福」などもあるので嬉しい花言葉が並んでいますね。

花色によって花言葉があるとはプレゼントはもちろんのこと、
考えながら観ていると楽しさも広がります。

 

 

花言葉に敏感な女性などは、
観ているだけでも喜ぶ花言葉ではないでしょうか?

 

 

ラナンキュラスの由来は?

ラナンキュラス 花言葉

 

 

ラナンキュラスの原産地は広くあります。

地中海沿岸部、ヨーロッパ東南部、西アジアになっています。

 

 

キンポウゲ科キンポウゲ属の花なので、和名では色彩豊かなことから、
「花金鳳花(ハナキンポウゲ)」とも呼ばれているのです。

 

 

属名の学名「Ranunculus(ラナンキュラス)」なのですが、
葉の形が蛙(カエル)の足に似ていることから、
ラテン語の「rana(カエル)」を語源にしているとされています。

また原種が湿地帯を好むことも関係しているのでしょう。

 

 

薄い花が幾重にも重なって咲く花なので、観ているだけでも嬉しく、
またプレゼントには向いている花といえるでしょう。

 

 

原種黄色5弁に重なる花なのですが、
オランダやヨーロッパなどで品種改良されました。

 

 

重なって咲く八重咲き、更に重なって咲く万重咲きなどがあるのです。

またはピオール咲き、カール咲きなど様々なのです。

 

 

原種が金色の姿から、
英語では「Buttercup(バターカップ)」とされているのです。

ラナンキュラスには系統も分かれているのでした。

 

 

その中には大型の花もあるのですが、

ビクトリアストレイン系 「巨大品種で豪華です」

ドワーフ系        「矮星種(わいせいしゅ)という25cmの背丈」

 

 

ドリーマー系      「超巨大品種」

ワンダーランド系    「光沢があり花径10cm以上」

浜の虹系        「淡い虹色系の輪が入る巨大品種」

などがあります。

 

 

原産地は遠く離れていますが、実は今でも品種改良がされている花なのです。

日本でももちろん品種改良がされているので、今後が楽しみなラナンキュラスなのですね。

 

 

ラナンキュラスの種類とは?

ラナンキュラスは今でも新しく品種改良がされていますが、
実は種類が豊富なことでも知られているのです。

 

 

その種類は1100種類ともされているのでした。

1000種類以上もあるとなるといわれは多くあります。

1000以上になるラナンキュラスですから、全種類を観るとなるとかなり根気がいると感じました。

 

 

そんなラナンキュラスですが、アネモネと似ていて近緑種なのです。

ひとつの球根から花を咲かせるのでが違いはあります。

 

 

アネモネとの違いは、
花色の違いや、花弁に萼片(がくへん)があるのがラナンキュラス、
萼片がないのがアネモネ
と、非常に似ていることがいえるのでした。

ラナンキュラスにはたくさんの花色があることも違いで分かります。

 

 

似ているために混乱する人もたくさんいるのではないでしょうか?

そんなラナンキュラスですが、
フランスの十字軍の遠征にも関わってきているのでした。

 

 

ラナンキュラスには十字軍とのいわれもあります。

十字軍とは、
カトリック教会の諸国が、イスラム教の諸国から、聖地エルサレムを奪還目的する遠征軍です。

 

 

そのルイ9世十字軍に加わり、
花が好きだった母のためにラナンキュラスを持ち帰ったともされています。

 

 

花言葉の「名誉」「名声」
ルイ9世十字軍の遠征からきているともされているのですね。

そのため「秘密主義」十字軍からのいわれもあるのでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ラナンキュラスについてのまとめ

ラナンキュラス 花言葉

 

 

幾重にも重なって綺麗に咲く可愛らしいラナンキュラス

十字軍からいえばフランスなので、
地中海沿岸から遠く離れて世界中を回って日本にも渡ってきたのでしょう。

今でも品種改良されているので、これからも種類は増えていくのでしょうね。

 

 

多く語られている「魅力」の花言葉は、
1000種類以上もあるラナンキュラスですから確かに魅力的ですね。

 

 

庭先に咲いているとしたら、
アネモネとの違いを観てみるのも楽しいといえます。

また散歩などで見かけても、その違いを観るのは素敵ですね。

 

 

ルイ9世が母を思うからこそ、
「優しい心遣い」の花言葉も生まれたことでしょうね。

 

 

多彩な花を咲かせるラナンキュラスですが、
そんなラナンキュラスの花言葉は?由来や種類も紹介しました!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク