記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

桜(サクラ)の花言葉は?由来やいわれも紹介!

暖かい季節になると開花宣言が気になるのが桜(サクラ)

ニュースなどで桜(サクラ)の話になるとを感じますね。

最近ではまだ雪が残っている時でも桜(サクラ)は咲くように感じます。
 

桜(サクラ) 花言葉

 

 

白色やピンク色桜(サクラ)ですが、どんな風に色が分かれているのでしょうか?

 

 

桜(サクラ)ピンク色だけではないのですが、
種類がたくさんあるのでピンク色だけではないのですね。

毎年4月頃には白色やピンク色で楽しませてくれます。

 

 

花見の季節には公園もたくさんの人だかりになるので、
桜(サクラ)の人気が凄いことが分かりますね。

そんな桜(サクラ)の花言葉は?由来やいわれも紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

 

桜(サクラ)の花言葉は?

桜(サクラ)には全体の花言葉種類別の花言葉があります。

 

 

全体ではどうなっているかというと、

「精神の美」「純潔」「高貴」

「優美な女性」「淡泊」「優れた美人」 などがあります。

また種類によっても花言葉があるのです。

 

 

染井吉野(ソメイヨシノ)  「純潔」「優れた美人」

里桜(サトザクラ)     「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」

八重桜(ヤエザクラ)    「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」

山桜(ヤマザクラ)      「美麗」「あなたに微笑む」「淡泊」「高貴」「純潔」

 

 

寒桜(カンザクラ)      「気まぐれ」

冬桜(フユザクラ)      「冷静」

緋寒桜(ヒカンザクラ)   「あでやかな美人」

 

 

陽光桜(ヨウコウザクラ)  「優美」

鬱金桜(ウコンザクラ)   「優れた美人」

などたくさんあるのです。

600種類以上ある桜(サクラ)なので、あくまで一例を紹介したに過ぎません。

 

 

種類によっても違いはありますが、
花言葉において「美しさ」の現れからきているように感じます。

 

 

桜(サクラ)は綺麗で可愛らしい花ですから、
そこから「美しさ」が表現された花言葉がきているのでしょうね。

私は桜(サクラ)を観るとほのぼのした気分になるのですが、
何だかリラックスした気持ちになります

 

 

花見をする方々も、
きっと何だか花の下で楽しみたい気持ちになるのでしょうね。

花言葉の「精神の美」からでも精神的に癒されるのでしょう。

 

 

桜(サクラ)の由来は?

桜(サクラ) 花言葉

 

 

桜(サクラ)とは日本中国ヒマラヤ近郊など北半球が主に原産国となっています。

日本では桜(サクラ)の花は神聖な木と呼ばれていて、
桜(サクラ)に宿る神が関係するとされていました。

 

 

古事記までさかのぼりますが、木花咲耶姫姫(このはなさくやひめ)が、
最初に桜(サクラ)を蒔いたなど様々な話が残されているのです。

 

 

容姿端麗だった女性であることから、桜(サクラ)とは、
咲く花、咲くや、桜(サクラ)となったともされているのです。

 

 

芝桜(シバザクラ)など桜のつくものもあるのですが、
本来バラ科サクラ属なのですが、
芝桜(シバザクラ)ハナシノブ科フロックス属と別なのです。

 

 

染井吉野(ソメイヨシノ)が有名ですが、
山桜(ヤマザクラ)がよく一般的にいわれている桜(サクラ)なのです。

 

 

英名では「Cherry blossom(チェリーブロッサム)」となっていて、
桜(サクラ)の果実から来たとされています。

 

 

桜(サクラ)のいわれとは?

桜(サクラ)には古事記からの由来がありますが、今では日本の国花になっています。

染井吉野(ソメイヨシノ)を植えることから、
明治時代に「愛国心」象徴として定められたのでした。

 

 

ところが日本だけではなく、海外でもいわれがある桜(サクラ)なのでした。

実はジョージ・ワシントンのいわれもあるのです。

 

 

ジョージ・ワシントンが子供の時に桜(サクラ)の木を、
斧で誤って切ってしまったという話があるのですが、
それを正直に伝えたら褒められたという話なのです。

 

 

ところがその話は作り話とされていて、
「嘘をついてはいけない」という教訓から作られたともされています。

「George Washington’s axe(ワシントンの斧)」とも言われているのです。

正直が1番ということを、ジョージ・ワシントンも伝えたかったのでしょうね。

 

 

嘘から生まれていいことは何もないことを伝えたかったのでしょうね。

作られたとされていますが、実際はどうなのかは既にジョージ・ワシントンがいないので、
確認することができないのが実際のところでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

桜(サクラ)についてのまとめ

桜(サクラ) 花言葉

 

 

桜(サクラ)は日本原産ではありませんが、
海外の方々も日本の桜(サクラ)の美しさには感動します。

 

 

花見でも有名ですが、
実際に桜(サクラ)の花を眺めてみるとひとつひとつが可愛らしいです。

歌でも多く歌われていますが、
桜(サクラ)を用いた花は現在でも多くあります。

 

 

桜(サクラ)の美しさ、儚さが歌にはピッタリなのかもしれませんね。

5日~10日ほどで散ってしまう花なので、
咲いている間はその美しさを楽しんでみるといいですね

 

 

桜(サクラ)花弁素敵なので、
その花弁を本などに挟んでみるのもいいのではないでしょうか?

また桜(サクラ)のほんのりとした香りを楽しんでみることもいいでしょう。

 

 

種類がたくさんある桜(サクラ)ですが、
そんな桜(サクラ)の花言葉は?由来やいわれも紹介しました!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク