記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

木蓮(モクレン)の花言葉は?由来や歴史も紹介!

3月~6月に主に咲く花として知られる木蓮(モクレン)の花。

白色や紫色が知られていますが、
白色、紫色、ピンク、赤、黄色などがあります。
 

木蓮(モクレン) 花言葉

 

 

鳥が止まっているように見える姿も有名ですが、
木蓮(モクレン)とは気高い印象があるのではないでしょうか?

 

 

何だか近寄りづらい印象があるのですが、個人的な感想なので皆様はいかがでしょうか?

春の花として名が知られていますが、香り豊かなことでも嬉しくなりますよね。

そんな木蓮(モクレン)の花言葉は?由来や歴史も紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

 

木蓮(モクレン)の花言葉は?

木蓮(モクレン)はその気高いイメージがありますが、
どんな花言葉が込められているのでしょうか?

 

 

木蓮(モクレン)の花言葉とはこれらなのです。

「自然への愛」「崇高」「持続性」

などがあありますが、
「崇高」「持続性」などを観ると気高くも大地に根強い印象を受けますね。

 

 

木蓮(モクレン)は英名でも花言葉がありますが、

「love of nature(自然への愛)」

「nobility(崇高)」

までは日本の花言葉と同じですが、その他にも西洋には花言葉があります。

 

 

「perseverance(忍耐)」

「dignity(威厳)」

など耐え忍んでいるとしても「威厳」があることが言えます。

和名でも英名でも自然への愛は言われていますね。

 

 

木蓮(モクレン)の由来は?

木蓮(モクレン) 花言葉

 

 

白と感じている木蓮(モクレン)ですが、実際に外側の花弁が薄桃色や紫色
中身が白色な木蓮(モクレン)紫木蓮(シモクレン)なのです。

 

 

もちろん同じ木蓮(モクレン)なのですが、モクレン科モクレン属な木蓮(モクレン)の中では、
大型の木蓮(モクレン)なのです。

紫木蓮(シモクレン)はあくまで別名なので、
たくさん種類のある木蓮(モクレン)のひとつといっていいでしょう。

 

 

木蓮(モクレン)には種類がたくさんあるので、

木蓮(モクレン)       3m~5m程の小型の樹高で紫色の花を咲かせます。

白木蓮(ハクモクレン)    10m~15m程の大型の樹高で白色の花を咲かせます。

更紗木蓮(サラサモクレン)  6m~10m程の中型の樹高でモクレンとハクモクレンの雑種で、
                  ピンク色の花を咲かせます。

 

 

更紗木蓮(サラサモクレン)両方の種を持っているのですが、
見た目は白色なので白木蓮(ハクモクレン)似といっていいでしょう。

 

 

和名の木蓮(モクレン)とは花がに似ていることからも蓮の字が使われています。

または蘭の花に似ていたことからも「木蘭(モクラン)」と呼ばれていた時期もあったのです。

 

 

木蓮(モクレン)の花の先端がを指していることから、古くから登山家や旅人からなどにも、
コンパスプランツ(方向指標植物)として、方向を認識していたとされているのです。

方向音痴の私にはピッタリかもしれないと感じました。

 

 

また花言葉の「自然への愛」も、春の花が咲き誇る季節に、
大きな紫の花を付け自身も自然に謳歌しているその花姿を表しているといえます。

原産国中国南西部の雲南省・四川省が原産になっているのでした。

 

 

木蓮(モクレン)の歴史は?

木蓮(モクレン)の歴史は古くからあります。

恐竜時代の白亜紀の地層から化石が発見されたという話もあります。

モクレン属の花自体が、「地球上最古の花木」と呼ばれている程なのです。

 

 

古くから恐竜も食べていたことになりますが、草食恐竜も食べていたことになるとしたら、
考えられない程昔からある花なのでしょう。

歴史を調べているお子さんがいるとしたら教えてあげるといいかもしれません。

 

 

歴史の勉強が済んでいるお子さんは既に知っている可能性もありますが、
ちょっとした豆知識にはなったのではないでしょうか?

木蓮(モクレン)を観た時に「この花のことだよ」と教えると喜ぶかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

木蓮(モクレン)についてのまとめ

木蓮(モクレン) 花言葉

 

 

木蓮(モクレン)にはたくさんの種類があるので、
見つけた時にはかえってそれが楽しみになるかもしれません。

 

 

これは木蓮(モクレン)白木蓮(ハクモクレン)か、
それとも更紗木蓮(サラサモクレン)かを、色別で判別するのも楽しいかもしれませんね。

中には種類がたくさんあるからこそ、こだわりを持って探すのであればとことん探してみましょう。

 

 

山などに行って方向が分からなくなったら、
木蓮(モクレン)を頼りにコンパスとして活用してもいいでしょう。

もちろん山には準備が必要なので、きちんと登山には事前の準備は必要になります。

私の場合は山育ちですが方向音痴なので、木蓮(モクレン)の花を必死に探すかもしれません。

 

 

また歴史が好きな方や、
お子さんと「地球上最古の花木」を一緒に観るのも嬉しいですよね。

 

 

木蓮(モクレン)の花言葉が「自然への愛」なのも、何だか分かってくるといえます。
「崇高」という花言葉からでも、
古代から気高く、それでいて「持続性」があることがうかがえます。

 

 

恐竜に踏まれても咲き誇っていた花なので、
西洋では「忍耐」「威厳」があることも分かってきますね。

歴史が古いことや種類が豊富なことからもいえる、
今回はそんな木蓮(モクレン)の花言葉は?由来や歴史も紹介しました!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク