記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

蓮華草(レンゲソウ)とはどんな花?花言葉と由来についてもご紹介!

あなたは蓮華草(レンゲソウ)という花を知っていますか?

お花が好きな方なら、どんな花姿をしているのかもすぐに思い浮かべる事が出来るのではないでしょうか。

今回は、蓮華草(レンゲソウ)という花はどんな花なのかご紹介させて頂きたいと思います。
 

蓮華草(レンゲソウ) 花言葉

 

 

また、他の花にも花言葉はつけられていますが、蓮華草(レンゲソウ)にももちろん花言葉があります。

花言葉とその由来についても合わせて紹介させて頂きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

蓮華草(レンゲソウ)ってどんな花なの?

蓮華草(レンゲソウ)はマメ科ゲンゲ属に属している、越年草とされています。

元々の正式名称は、紫雲英(ゲンゲ)という花で、
蓮華草(レンゲソウ)・レンゲと呼ばれている花です。

今回は蓮華草(レンゲソウ)の名で紹介させて頂きますね。

 

 

この花の原産地中国で、全体的にとても柔らかい花で、湿気の多い所に生えてきます。

茎の高さも高くなく、10cmから25cm程となっており、花の色紅紫色の花が多いです。

日本国内では、岐阜県県花とされており、
はちみつを採る為の蜜源植物としても利用されている花です。

 

 

さらに、古い昔、化学肥料がまだ普及していなかった時代では、
畑などに種を植える前に蓮華草(レンゲソウ)を育て、緑肥としても利用されていました。

現在は、化学肥料も沢山流通しており、
蓮華草(レンゲソウ)を緑肥として使う事はほとんどなくなっています。

 

 

また、蓮華草(レンゲソウ)はギリシア神話にも登場するとても有名な花です。

その神話は以下のようなものです。

 

 

ある日とても仲の良い姉妹が祭壇に捧げる為の花を探しに出かけました。

すると、蓮華草(レンゲソウ)が水辺に浮かんでおり、
姉がその花を摘むと茎を折った部分から血が流れ出てきました。

 

 

その花は、嫌いな男から逃れるためにニュンペー(神話に登場する精霊や下級女神)が、
花に姿を変えたものだったのです。

すると、花を摘み取った姉の足はみるみる草に変わっていき、根が張ってしまったのです。

 

 

姉は、「花はすべて、女神が姿を変えたもの。もう花は摘まないでね。」
と一緒に花を探していた妹に言い残し、蓮華草(レンゲソウ)になってしまった。

 

 

というお話しです。

何とも切ない神話ですよね。

 

 

更に、蓮華草(レンゲソウ)は食用としても知られています。

の部分を、おひたし天ぷらに調理して食べる事ができるのです!

お料理の中に花が入っていると、見た目も鮮やかで豪華になり食欲もそそりますよね。

 

 

また、日本国内でも有名な蓮華草(レンゲソウ)は、各地で観光スポットとしても人気です。

代表的なのは、「千葉県大多喜町の大多喜レンゲまつり」や、
岡山県総社市の「吉備れんげまつり」が有名です。

 

 

お近くにお住いの方や、今後旅行などで訪れる予定の方は、
是非この観光スポットもチェックしてみて下さいね!

 

 

さて、そんな昔の神話にも登場し有名な蓮華草(レンゲソウ)ですが、
どのような花言葉がつけられているのでしょうか。

続いては花言葉のご紹介です。

 

 

蓮華草(レンゲソウ)の花言葉

蓮華草(レンゲソウ)の花言葉は、二つあります。

あなたと一緒なら苦痛が和らぐ

心が和らぐ

 

 

どちらも「癒し」にまつわる花言葉ですよね。

それでは、この花言葉の由来とは一体どんなものなのでしょうか。

また、花名の由来についてもあわせて紹介させて頂きます。

 

 

蓮華草(レンゲソウ)の花言葉の由来

あなたと一緒なら苦痛が和らぐ」「心が和らぐ」という花言葉。

この花言葉の由来は、蓮華草(レンゲソウ)に薬効がある事が由来とされています。

 

 

また、蓮華草(レンゲソウ)の花名ですが、その花姿が「(ハス)」の花に似ている事から、
「蓮華草(レンゲソウ)」という名がついたとされています。

 

 

英名では、この花の事を「Chinese milk vetch(中国のミルクのスズメノエンドウ)」といいます。

その由来は、蓮華草(レンゲソウ)をが食べるととてもよく乳がでる
という所からこのような名前で呼ばれるようになったと言われています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

蓮華草(レンゲソウ)のまとめ

蓮華草(レンゲソウ) 花言葉

 

 

今回は、蓮華草(レンゲソウ)という花についてご紹介させて頂きました。

合わせて花言葉や、その由来についてもお話しさせて頂きましたが、参考にして頂けましたでしょうか?

 

 

今一度、蓮華草(レンゲソウ)について簡単にまとめさせて頂きますね。

 

 

蓮華草(レンゲソウ)はマメ科のゲンゲ属に属している植物で、
正式には「ゲンゲ」という名がついている

原産は中国で、全体的にとても柔らかく、湿ったところを好む

花の高さは10cmから25cm程とそこまで高くない

 

 

岐阜県の県花として指定されている

はちみつを採る為の蜜源植物としても利用されている

昔は緑肥としても利用されていたが、
現在は化学肥料が幅広く流通しておりほとんど利用される事は無い

 

 

芽や花の部分を、お浸しや天ぷらで食べる事ができる

日本にも蓮華草(レンゲソウ)の観光スポットがあり、代表的なのは、
千葉県大多喜町の大多喜レンゲまつりと岡山県総社市の吉備れんげまつり

 

 

花言葉は、「あなたと一緒なら苦痛が和らぐ」「心が和らぐ」

花言葉の由来は、蓮華草(レンゲソウ)が薬効として効果がある事が由来となっている

花名の「蓮華草(レンゲソウ)」の由来は、
蓮華草(レンゲソウ)が「蓮の花」に似ている事が由来とされている

 

 

以上、蓮華草(レンゲソウ)についてのご紹介でした。

観賞して楽しむのはもちろん、あなたの大切な人へ、
花言葉を添えてプレゼントとして利用するのも良いですね!

是非、こちらの記事を参考にしてみて下さいね!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク