記念日やお祝い・プロポーズに最適なお花を紹介しています。素敵な花言葉も紹介しているので、花言葉に想いをのせてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

千両(センリョウ)の花言葉と由来とは??

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月14日17:00~9月19日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月19日16:59まで)はこちら

 

 

この記事は、千両(センリョウ)の花言葉や由来などをまとめたものになります。

少しでもあなたのお役に立つことが出来れば嬉しいです。
 

千両(センリョウ) 花言葉

 

 

千両(センリョウ)の花言葉

さて、先ずトップバッターはタイトルにも入っている「花言葉」から見ていくことにします。

千両(センリョウ)の花言葉はこちらです。

 

 

<千両(センリョウ)の花言葉>

高貴・富・可憐・財産・恵まれた才能・定める

おめでたい植物だけあり、その花言葉も豊かさや豊かさに繋がるものであり、この時期の空気に大変映えます。

花が少ない季節なのでとても貴重に感じます。だから「千両(センリョウ)」「万両」
という「お金」をイメージさせるものになったのかな?なんてこともふと思いました。

 

 

以上が簡単ではありますが、「花言葉」についてです。

次の項目では「千両(センリョウ)」という名の由来を見ていきます。

一体その由来とは何なのか。よく似ている「万両」と何か関係があるのかということを見ていくことに致しましょう。

 

 

千両(センリョウ)の花名の由来

千両(センリョウ) 花言葉

 

 

あなたは、「千両(センリョウ)」の花名の由来をご存知でしょうか?意外にも「万両」と関係があるのです。

その由来がこちら。

 

 

<花名由来>

同じように赤い実をつける「万両(まんりょう)」に対して付いたとも百金にも勝る美しさから
古く「仙蓼」としていた名前を「千両(センリョウ)」に呼び変えたとされている。

次に育て方・管理について見ていきましょう。

 

 

千両(センリョウ)の育て方

花言葉や由来を知った今、更に千両(センリョウ)という植物に惹かれ始め、
育ててみたいかも。なんて思われているかもしれません。

そこでなるべく分かりやすく育て方(管理)についてまとめましたのでぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

<剪定>

放任しておいても姿形が乱れることは少なく、剪定の必要はさほどありません

ただし、枝が茂りすぎると風通しが悪くなり根元が蒸れて葉っぱを落とすことがあるので、
枝数が多く茂りすぎた場合は切り詰めて枝数を減らします

作業の適期は12月~1月で、実がなっている枝を地面ぎりぎりのところで切り落とし、
まだ実の付いていない若い枝を残して育てていくのが基本となります。

 

 

<実が付かない理由>

初夏に花が咲いたのに実が付かなかった場合は、極端な日照不足や水切れなどが考えられます。

また天候的な要因として、開花時期に長雨で花粉が洗い流されてしまい、
ちゃんと受粉できずに実が付かないことがあります。

 

 

<肥料>

肥料は年に1回、2月頃に化成肥料や油かすと骨粉を等量混ぜたものを株の周りに少量施します。

むしろ、(肥料は)少ない方が株も寸がつまった感じでバランスよく育ち、実付きも良くなります。

 

 

<用土>

腐葉土のような腐植質のたくさん入った適湿な土を好みます。

鉢植えにする場合は赤玉土8:腐葉土2の割合で混ぜた土を用います。

タネまきは熟した果実を採って果肉を取り除き土にまきます。芽が出るまで
3~4ヶ月かかるので、乾かさないように管理します。

タネまき後順調に育って3年も経つと実をつける株に成長します。タネまきの適期は3月頃です。

 

 

千両(センリョウ)と万両と南天の見分け方

あなたは千両(センリョウ)と万両と南天の違いわかりますか?

多分、近くで見ても?どっちがどっちだったけ?という人も少なくないと思うのです。

そこで今回は<見分け方>をお伝えしていきますので、この機会にぜひ覚えちゃってくださいね。

 

 

<見分け方>

千両(センリョウ)は茎先、葉の上に実をつける。

万両は垂れ下がるように実をつける。

南天は、木の先端にまとまって赤い実がなる。

 

 

ということのようです。これを覚えておけば間違うことありませんね。その際の覚え方としてこんなのはどうでしょうか?

万両は千両(センリョウ)より重いから下向き。千両(センリョウ)は万両より軽いから上向き。

こうやって覚えれば普通に千両(センリョウ)は上向き。万両は下向き。とインプットするより、
覚えなきゃ感が少ないので却ってしっかりインプット出来ます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

千両(センリョウ)のまとめ

長文お付き合い頂き有り難うございました。いかがでしたか?

千両(センリョウ)ってバラや蘭のような華やかさはないものの四季を大事にする
日本人の美的感覚にとてもマッチしている植物です。

そして、あまりも手間もかからないので、ガーデニング初心者さんもきっと構えず挑戦できると思います。

是非チャレンジしてみて下さいね。

 

 

そうは言ってもやはり不安という方は、この記事を印刷かブックマークすることを強くおススメ致します。

そうしておけば、読みたい時に読めるので大変便利ですし、心強いと思います。

もちろん、育て方管理に関わる項目だけでなく、そのほかの項目
例えば見分け方なんかも同様にブックマークする也、印刷しておくと安心です。

最後まで読んで頂き有り難うございました。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月14日17:00~9月19日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月19日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク